「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
花が大きいので、夏の頃は咲いたらすぐに花のハリがなくなっていましたが、最近は昼近くまでハリがあります。
さらに、朝晩冷え込む中、柵に絡まりつつ伸びている朝顔の茎を追って見ていたら、まだまだ咲こうとする蕾を見つけました。
上に上に上に伸びていく茎。
自然ってすごいなぁと思ってみていたのですが、茎の先には伝うべき柵がありません。
何を頼りに空中に、伸びていくのかと思ったら、茎にはクモの糸がついている。
そう、先にはクモの巣があるのです。
え、持ちつ持たれつの関係ですか。
この蕾が咲いたら、蝶とかが来るんだろうなぁ。
…自然って、すげぇ。

と思った。

写メれたら…と思うのは、こんな時。
スポンサーサイト

【2010/10/05 21:30】 | ちゃすか・その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック