「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
カテゴリをどうしよう、テイルズにしようかなと思いつつ、それだけと言うわけでもないし、いちいちカテゴリごとに雑談を細切れに分けるのも面倒くさいよう。
というわけで「その他」カテゴリです。

ナラカや円環側からは専用カテゴリに直接つないでますので、この記事を読んで下さる方がいるとしたら、はてなどう側からの方が大半でしょうか。

なんだかんだで投稿物は優先的に更新すべきものですから、はてなどうを優先的に更新している結果、ナラカが超放置状態です…。くうう。
更新作業自体はやっているのですよー。『追憶』の感想文ですけども。(^_^;)
たかが感想文にたいそう手こずっていまして、いつまで経っても終わらな~い。早く更新したいです。

アニメのビジュアルファンブックも読みましたよー。
ざっと見、(私の知る限りでは)初出だと思う情報が三つ。間違ってる気がすると思ったところがやっぱり三ヶ所くらいありました。
これも感想書きたいです。いつになることやら?


ブログで書いてた「この花なんだ」のシリーズ。
円環伝承のコンテンツという扱いですが、こっちは、写真だけは時たまちまちま撮っています。
溜まる一方……。いつか役立つ日は来るのでしょうか。

先日、花の写真を撮ろうと市内の神社の山に入って藪の中を這ってたんですが、マムシが出ました。
マムシをナマで見たのは子供のころ以来で、こんなに近くでまみえたのは生まれて初めてです。
と言ってもまだ子供の小さい奴でしたけども。胴体の直径が1.5cmくらいでしょうか。

ビビリの私は驚きのあまり、何故か口に出して「マムシだ!」と叫んでいました。傍で見ている人がいたら、さぞや変人だと思われたに違いありません。
幸い、立ったまま手でシッシとやったらスルスルと落ち葉に潜って立ち去ってくれましたが、その直後に思いました。

あ、写真撮ったらブログのネタになったのになあ。

けれど流石に、追いかけて写真を取る勇気はなかったです。
山をナメた軽装で、長靴すら履いていなかったですから。(暑いから…)←ダメな奴
いつも藪を通る時は「マムシが出るかも」と思いはするのですが、ホントに出るとはねえ。

マムシのいた藪
↑マムシのいた辺りから1mくらいの場所。厚く積もった落ち葉の中に潜んでいますよ。

↓は一面に茂るカラスウリ。今はこの花の季節ですね。夜か午前中でないとしぼんでしまう、お馴染みの花です。
一面に茂るカラスウリ

↓は都会の大きな道路の中央分離帯に咲いていたワルナスビ。信号待ちで車が長時間停止した隙に、急いで窓開けて撮りました。この写真だと何だかわかりませんが(ホオズキの花によく似ています)、もうちょっとまともに花が撮れてるのがあるので、そっちはいつか正式の記事に使いたい。
中央分離帯のワルナスビ

↓河原のスズメノヒエ。草むらにはそろそろ葛や秋の野菊が咲き始めていて、秋が来ていることを強く感じます。(写真にはいませんが)赤トンボもうじゃうじゃ。
スズメノヒエ

上の写真の一部を拡大すると、↓二匹のカメムシがいます。なんとまあ交尾中です。
↑のどこにいるのかわかりますか?
カメムシ

ではでは。

スポンサーサイト

【2010/08/16 22:17】 | すわさき・その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック