「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
「魔導データ館」、魔導大事典を更新。
ロードさんの『ぷよぷよ! The Medal Edition』のデモデータを追加(今回はクルークVSアミティのデモのみです)。

「虎の穴」を再開。偽善者少年さんの「魔導士と科学少年 聖剣編」最終話までアップ。

投稿ありがとうございます。


虎の穴の投稿の決まり、先日のルール変更を機に、内容を少し整理・一部詳細化してみました。
お時間のある方は読んでやってください。


----------------

今、必要があって近くの都会に定期的に通っているのですが、隙を見てジブリの『借り暮らしのアリエッティ』を観てみました。

……むむう。微妙に後悔しました。わざわざ観なけりゃよかったかも…。観ずに「面白そうだなぁ」と思っていればよかったかも。

脚本がすこぶる不味いと思うのですが、どうなんだろ。世間的評価は高いのでしょうか。
特に、ラスト近くの翔少年の台詞がお粗末というか、物語として不細工過ぎて、観ながら「・・・・」と変な顔になってしまいました。感じさせるべきストーリーを台詞で語らせちゃってるよ。これは作劇のタブーではないのだろうか。
小人の生活描写だけは面白かったですが…。(ポットのお茶などの液体の出方とか。よく観察してるよねぇと思った。)

とゆーか、原作はイギリスが舞台なのを、何故か現代日本に変更してあるのですが、何の意味がある変更なのか。何もいい効果を生んでいないよーな。取材や考証の手間を惜しんだだけにしか思えなかった。

どうでも日本を舞台にしたいなら、いぬいとみこの『木かげの家の小人たち』辺りをアニメ化した方がよかったんじゃないかなと思いました。戦争色が嫌なら『誰も知らない小さな国』とか。
スポンサーサイト

【2010/07/20 01:14】 | はてなどう更新管理
【タグ】 映画の感想  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック