「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
トキワハゼ

常盤爆[トキワハゼ] Mazus pumilus
別名:夏爆[ナツハゼ]

ゴマノハグサ科サギゴケ属の一年草。日本、朝鮮半島、中国、東南アジアにまで分布。

トキワハゼの花
草丈5cm前後の小さな草。春から秋まで花を咲かせ続け、道端や庭にごく普通に生えています。

名の由来は、春から晩秋まで咲き続けるので「ときわ」(永遠の意)、種の詰まった丸い実が真ん中から爆[は]ぜ割れるので「はぜ」。
一説に、花の形が米を高圧力で熱して爆ぜさせたポン菓子に似ているから、というものもあるようです。ううむ。似ていなくもないのでしょうが…。

よく見る親しみある花ですが、小さいせいかありふれ過ぎているせいか、花言葉はないようです。





次に、植物図鑑ではトキワハゼとセットのように語られる花。
ムラサキサギゴケ

紫鷺苔[ムラサキサギゴケ] Mazus miquelii

ゴマノハグサ科サギゴケ属の多年草。

ムラサキサギゴケの花
山際の切り拓かれた場所や田んぼの畦など、日当たりが良くやや湿った場所に群落を作ります。グランドカバーとして庭に植えられることもあるようです。

名の由来は、「紫花の鷺苔[サギゴケ]」。
同じ種で白花のものが「鷺苔[サギゴケ]」なのですが、紫花の方がありふれているせいか、紫の方を「サギゴケ」と呼んで白花を「白花サギゴケ」と呼んだり、どちらも「サギゴケ」と呼んで区別しなかったり、呼称に揺れがあります。

名前の由来が「鷺のような形の花を咲かせ、苔のように地べたを覆う草」で、鷺は白い鳥なのですから、白花が「サギゴケ」で、紫花は「ムラサキサギゴケ」と考えた方が筋は通っていると思えるのですが、「たまたま変種の白花が先に命名されただけで本種は紫花だ」とか、「江戸時代からサギゴケと言えば紫花を指していたのだから、そちらをサギゴケと呼ぶのが正しい」だとか、色々な反論主張がされているようです。





サギゴケ

鷺苔[サギゴケ] Mazus miquelii f. albiflorus
別名:白花鷺苔[シロバナサギゴケ]、鷺芝[サギシバ]、鷺草[サギソウ]

花の色が白い以外はムラサキサギゴケと同じです。
花が全開している時に注視すると、鷺が翼を広げ首を伸ばして飛翔している形に見えます。サギゴケという名が付くのも納得という感じ。

雄しべと雌しべは花の上唇弁に沿っており、雄しべは二対の腕ががっちり両手を合わせて輪を作ったような形。その上に背骨のように伸びている雌しべは先(柱頭)が扁平で、普段は貝の口のようにぺラッと開いています。下唇弁の黄色い模様におびき寄せられた虫が花に頭を押しこんで柱頭に触れると、それがパクンと閉じます。この柱頭運動で、虫の運んできた花粉を確実にキャッチするようです。




ムラサキサギゴケとトキワハゼは、よく似た花として図鑑で並べられていることが多いです。
私も当初、見分けに自信が持てず迷ったものでした。
しかし意識して見るようにすると、区別はそう難しくはなくなります。

第一に、大きさが違う。
植物は生育環境で大きさが変わることがあるので一概には言えませんが、基本的に、トキワハゼの花はサギゴケのそれの半分ほど。トキワハゼは5~7mm、サギゴケは1.5~2cmくらいでしょうか。

トキワハゼとサギゴケの比較


第二に、花の咲く期間が違う。
トキワハゼは「常盤[トキワ]」の名が示すように春から秋まで咲きますが、サギゴケは春から初夏にしか咲きません。

第三に、花の色や形が違います。これも個体差があるので例外はありますが、トキワハゼは全体に色が薄く白っぽい。ムラサキサギゴケはトキワハゼに比べると赤紫がかっています。また、花弁の上唇部の切れ込み(下の写真の矢印で示したところ)が、サギゴケはウサギの耳のように深く入って尖っていますが、トキワハゼの方は、ごく浅く丸いか、全く入っていません。


トキワハゼとサギゴケの花の上唇部切れ込みの比較


そして第四の違い。
サギゴケは匍匐茎を伸ばしますがトキワハゼは伸ばしません。

どちらも、花が始まった四月頃は地べたに貼りつくように咲いて、やがて花茎が伸びて立ち上がっていきます。ここまでは一緒。
しかし更に日数が過ぎた五月から六月、花期が終わりに近づいたサギゴケは、長い茎を蔦[つた]のように地面の上に伸ばして、どんどん四方に広がっていくのです。(地面を覆うだけで絡みつくことはありません。)

ムラサキサギゴケの匍匐茎

伸びた匍匐茎からまた殖[ふ]えていきます。

伸びたムラサキサギゴケ


ムラサキサギゴケの花言葉
追憶の日々、あなたを待っています
想いをつのらせないで

↑真逆の言葉が並んでいる(汗)




最後に、別種ですがちょっと似ている花を紹介。
カキドオシ
垣通/籬通[カキドオシ] Glechoma hederacea subsp. grandis
別名:垣通[カキドオロシ/カキドオロ]、癇取草[カントリグサ/カイトリグサ]、癇切草[カンキリグサ]、癇取花[カイトリバナ]、カイネンヅル、カイネグサ、カイネダワラ、ウグサ、蔓薄荷[ツルハッカ]、銭葛[ゼニカズラ]、銭草[ゼニクサ]

シソ科カキドオシ属の多年草。日本、朝鮮半島、中国、シベリア東部に分布。
最初は茎が立って5~25cmの高さになり、紫の花を付けますが、花が終わると倒れて匍匐茎を出し、地上を覆います。

全体に産毛があり、茎は四角、薄荷(ミント)とドクダミの中間くらいの強い芳香があります。花の大きさは1~2cmほどで、サギゴケくらい。結構大きく目立つ感じです。

若い葉は食用にできるそうです。


カキドオシの花


名の由来は、匍匐茎が長く長く、垣根の隙間を通り抜けて外に出るほど四方に伸びるから。

カキドオシの匍匐茎


カキドオシは薬草としてよく用いられてきました。
カキドオシの標準中国名は「活血丹」ですが、生薬としては「連銭草」と呼ばれることが多いようです。
この名前、伸びた匍匐茎に連なる丸い葉が銭(コイン)のように見えるからでしょうか?
日本での別名、銭葛[ゼニカズラ]や銭草[ゼニクサ]にも通じる感じですね。

春から夏にかけて全草を採取し、陰干しして煎じて飲みます。
糖尿病、胆石、腎臓、膀胱炎、尿道炎、強壮、風邪に効果があると言います。
また「癇取草[カントリソウ]」の別名があるように、子供に飲ませると次第に丈夫になり、癇(神経質な性質)がよくなって落ち着きが出ると言います。

ヨーロッパには近似種の西洋垣通[セイヨウカキドオシ](グレコマ、グランドアイビー)があり、やはりハーブとして煎服されていました。ホップが使われるようになる16世紀頃まではビール作りに使用されていたそうです。


カキドオシの花言葉
楽しみ、享楽
陰謀
スポンサーサイト

【2010/06/04 00:28】 | すわさき・その他
【タグ】 この花なんだ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック