「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
ちょっと前の話ですが、TOA小事典の「ティアのペンダント」の拙筆に対して、要約「間違っています。正しいと言うならばソースは何ですか?」というコメントが書き込まれていました。
とりあえず「ソースは原作です」とだけ返信して様子を見たのですが、それっきりなので、ちょっと気になっていたりします。納得していただけたのならいいのですけども。いやそもそも、あれ一度きりで二度とご覧になっていないのかもなぁ。見かねて一度だけ指摘はしたが、こんな間違ったコンテンツは見るに値しない! とか。(^_^;)

確かに私の書くものなんて間違いだらけですけども…。

その方が「間違っている」としたのは二点。
一つは、「システム上では違うが、高性能の響律符でもあると思われる」という内容に関して「形状がそう見えないのに響律符であるはずがない」ということ。
もう一つは「三カラットくらいのスターサファイアがはまったペンダント」という記載に関して「ファミ通攻略本にはスタールビーと書いてある」ということ。

前者に関しては、アイテムアイコンのことを仰っているのだと思うのですが。
やはりアイテムアイコンの全く違うソーサラーリングやローレライの宝珠は、ゲームシステム上は響律符ではありませんが、シナリオ上では響律符であると明記されてあります。
それに加え、ゲーム中で眼鏡型の響律符があることが語られていますし、ファミ通攻略本の用語事典に、響律符は殆どが指輪やネックレスの形をしていてファッションとして浸透しており、出産祝いや婚約指輪などの贈答品として高価で効果の高いものが好まれると書かれてあります。
以上から、母から伝わった高価で由緒あるアクセサリーで、装備すると能力値が大幅アップするティアのペンダントを「システム上は違うが」響律符だと「思われる」と推測してみた。ということだったのですが…。

後者に関しては、ファミ通攻略本が間違っています。
ゲーム中でスターサファイアだと明言されてますので。今はシナリオブックもありますからすぐに確認できると思います。


で。ここからが今回の記事の本題です(笑)。
この件について考えていてやっと気付いたんですが。
ゲーム中のアイテムアイコン、ファミ通攻略本用語事典のイラスト、果てはTVアニメ版に至るまで。全て、ティアのペンダントは「紫色の大きな石のはまったペンダント」として描かれてありますよね。
でもサファイアなら、普通、青い石なんじゃないか?

勿論、宝石価値のあるコランダムのうち赤以外のものは全てサファイアで、紫色も含まれるので間違いではないのですけども、「サファイアのペンダント」とだけ言われた時に描く色としては一般的ではないかもしれないと、五年も経ってて今頃思いました。(^_^;)
たとえば「サファイアの瞳」と言ったら、普通は青眼をイメージすると思いますし、サファイアの語源自体「青」ですし。

と言いますか、紫の石のペンダントとして描かれてあったら、そういうものだと思ってそれ以上気にしてなかった自分に気づいて、あら…と思ったのでした。
つくづく、あんまりものを考えてないんだなあ自分。


↓おまけ。「3カラットの紫のスターサファイアのペンダント」の写真付き商品ページ
シルバー925 レアストーンバイオレットスターサファイヤペンダント:ubazakura(楽天市場)
18金ホワイトゴールドバイオレットスターサファイアペンダント(ニッセン)

もしティアのペンダントが本当に響律符なら、↑のペンダントのダイヤ部分が譜石になってるんでしょうね。
スポンサーサイト

【2010/05/30 10:12】 | テイルズ系の話【レス含】
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック