「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。


踊子草[オドリコソウ] Lamium album var. barbatum
別名:踊花[オドリバナ]、踊草[オドリグサ]、虚無僧花[コムソウバナ]、虚無僧草[コムソウクサ]、車草[クルマグサ]、ぷるぷる草[プルプルソウ]、トトキ、藪蕎麦[ヤブソバ]、ウバカチ、カンコ花[カンコバナ]

シソ科オドリコソウ属の多年草。30~50cmに伸び、山際の日陰の辺りに沢山咲いています。
花期は四月から五月ごろ。
花色は濃桃から白まで、様々。

オドリコソウ



名の由来は、花の形が編笠をかぶった踊り子のように見えるから、とされます。
確かに、沢山の踊り子が輪になって踊ってる感じかも。


オドリコソウの花別名の「虚無僧花」も同じ理由のようです。こちらは、「笠を戴き尺八を吹く形の如し」とのこと。
笠を被ったお坊さんが縦笛をくわえた顔のアップに見える……?

「笠をかぶった人」を踊り子と見たかお坊さんと見たかの違いですね。


↓花の大きさが不揃い。そのため疲れてしゃがみ込んでいるようにも見える(笑)。
オドリコソウの不揃いな花



若葉は、野菜として食べられます。
根は生薬で、煎じた液を打撲や腫れ物に塗ると効くそうな。肌荒れを治す成分があるようです。

中国では「野芝麻」と呼び、全草を薬用にします。


オドリコソウの花言葉
快活、陽気、陽気な娘
隠れた恋

踊り子だから「陽気」なんでしょうか。
そんな娘が隠れた恋をしてるんですね。ドラマですね。

陽気な虚無僧が隠れた恋をしてるイメージだったらどうしよう。




ヒメオドリコソウ

姫踊子草[ヒメオドリコソウ] Lamium purpureum

シソ科オドリコソウ属の越年草。草丈10~25cm。花期は春。
オドリコソウの1/3ほどの小さな草で、赤紫の葉が特徴的です。

ヒメオドリコソウヨーロッパから小アジアの辺りが原産地で、日本には明治中期に渡来したと言われています。

和名は「オドリコソウの小型版」の意味ですが、オドリコソウのように花がくっついて輪生することはなく、踊り子のようには見えづらい。


ヒメオドリコソウオドリコソウと同じように、茎や花に毛が生えています。
花の大きさは1cm程度。

白花の個体もあり、「白花姫踊子草[シロバナヒメオドリコソウ](Lamium purpureum L. form. albiflorum Goiran)」と呼んで区別することもあります。
オドリコソウにも白花はありますが、特に区別することは少ない。なのにどうしてこちらは区別するのでしょう。
どうも、シロバナヒメオドリコソウが、ヒメオドリコソウの特徴である「赤紫の葉」を持たず、見た目の雰囲気が違うためのようです。

一説に、日当たりのいい場所に生えたヒメオドリコソウは葉が赤くなり、日陰に生えたヒメオドリコソウは葉が緑のままなのだそうで。
日照が花の色も変えてしまうのでしょうか?



ヒメオドリコソウの英名は「Red dead nettle」。「赤い棘無しイラクサ」という感じでしょうか。
対して、オドリコソウの英名は「White dead nettle」、「白い棘無しイラクサ」になっています。
ちなみに学名の方も、ヒメオドリコソウ Lamium purpureum の「purpureum」は「紫色の」という意味。オドリコソウ Lamium album var. barbatum の「album」は「白い」という意味です。

ヒメオドリコソウの葉の赤さが特徴としていかに重視されているか。そして海外でもオドリコソウとセットのように扱われていること、オドリコソウは「白い(白花?)」とイメージされていることが判って、面白いと思います。


ヒメオドリコソウの花言葉
愛嬌
スポンサーサイト

【2010/04/27 19:00】 | すわさき・その他
【タグ】 この花なんだ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック