「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
野口雨情 作詞の童謡『七つの子』の歌詞に

烏 なぜ啼くの
烏は山に
可愛い七つの子があるからよ


というくだりがありますが、「七つの子」って、七羽の子ってことなんでしょうか、七歳の子供くらいの幼い子って意味なんでしょうか。

というわけで(?)、カラスの巣の写真です。



高いモチの木のてっぺん。
今のカメラは望遠機能が優秀でいいなあと思います。

木の幹をべちべち叩くと巣の中からギーギー声がするし、時々親カラスが来ているので、中身が詰まっているらしい。


関連記事
 カラスの子
スポンサーサイト

【2010/04/19 18:59】 | すわさき・その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック