「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。


[シキミ/シキビ] Illicium religiosum
別名:花の木[ハナノキ]、花柴[ハナシバ]、仏前草、香花[こうげ]

シキミ科シキミ属の常緑小高木。かつてはモクレン科に分類されていました。
花の感じが、少し後の時季に咲く柑橘類のものに少し似ていますが、あのような甘い香りはありません。

本州中部以南に自生し、墓や棺に供えられてきました。(一説に、鑑真が中国からもたらしたとされます。)
葉や樹皮には芳香があり、寺院では乾燥させ砕いたものを焚き、抹香として用います。

ところがこの木、全体に毒があります。特に種子の毒性は強く、食べると死に至ることさえあるのです。
一説に、墓にこの枝を供えるのは、死者の《起き上がり》を毒で阻止するという呪術的な意味合いがあったのだと言います。怖っ!
なお、土葬墓が獣に荒らされぬよう毒のあるシキミを供えた、という無難な説もあります。
寺でこれを抹香として用いるのは、毒が悪霊を退けるから、と言う説もあるようです。

猛毒である樒の実は、大茴香(八角、アニススターと呼ばれるスパイス)とよく似た見かけなので注意が必要です。
ちなみに、大茴香は同じシキミ科の唐樒[トウシキミ]の実なのです。

シキミの花


シキミの名の由来には、毒がある「悪しき実」が簡略化した、実が重なるほど沢山生る「重実[シゲミ]」に因む、実の形から「敷き実」と呼ばれた、等の説があります。

別名の「花の木」「花柴」は、神事に用いる柴(榊またはヒサカキ)と比較しての名前ではないでしょうか。
神事に供える常緑樹の枝を「柴[シバ]」と呼びます。現在、柴と言えば「榊[サカキ]」もしくは「[ヒサカキ]」ですが、古代には樒[シキミ]も用いられたと考えられます。今でも、京都の愛宕神社のように樒を供える神社もあるからです。
つまり、花の咲く柴なので「花の木」「花柴」なのではないでしょうか。


シキミの花言葉
猛毒

まんまですね。
つーか、シキミを花束にして生きている人間に贈ったら、壮絶な悪意(猛毒)以外の何物でもないですよね。(^_^;)

これではあんまりキツ過ぎると言うことか、マイナーながら他にも花言葉があるようです。

援助

いかにも仏教関係の人が付けたような、ありがたげな花言葉です。
スポンサーサイト

【2010/04/17 19:00】 | すわさき・その他
【タグ】 この花なんだ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック