「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
キンポウゲ

金鳳花/毛茛[キンポウゲ] Ranunculus japonicus
別名:馬の足型[ウマノアシガタ]、駒の足型[コマノアシガタ]、カイルコグサ、馬芹[ウマゼリ]、鬼芹[オニゼリ]、大芹[オオゼリ]、瘧落とし[オコリオトシ]、川三葉[カワミツバ]、手鞠草[テマリグサ]

正確には「ウマノアシガタ」の方が正式和名でキンポウゲが別名なのですが、キンポウゲの方がよく知られているように思うので、そちらを主として記載します。

キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草。日本全土、朝鮮半島、中国に分布。
草丈30~60cm。花は2~2.5cmほど。
花茎が細く高く伸びる点が、花の似ているキツネノボタンと大きく異なります。

どこにでもある、春になれば黄色い波となって群生する花なのですが、沖縄や鹿児島では希少になりつつあるようです。沖縄では絶滅危惧Ⅱ類。

キンポウゲの花


黄色くて丸みを帯びた花弁にはエナメルのような光沢があって、なんとも可愛いらしいです。
この光沢は表皮に分泌された、デンプンを主成分とするクチクラ層によるもの。クチクラ Cuticula とは、即ち「キューティクル」。キンポウゲの花はキューティクルに覆われて天使の輪が光っているというわけです。

金鳳花[キンポウゲ]の名は、この光沢ある花の美しさに因んで付けられました。
余談ながら、江戸時代の園芸本『花壇地錦抄』巻四・五「草花 春之部」に「金風花[きんふうけ]」とあり、キンポウゲの事ではないかとの説があります。ちなみにこの本、白花は「銀風花」と呼ぶと書いてあります。
英名の一つ「Buttercup(バターカップ)」も、光沢ある黄色い花を、金色のバター入れに例えたものです。

実(写真右下)は集合果で、沢山の痩果が丸く集まってコンペイトウのような形をしています。
集合果の大きさは5~8mmほど。痩果の先端は尖り、ほんの微かに下に曲がっています。
熟すと痩果がパラパラに落ち、種子が散っていきます。



八重咲きのキンポウゲ
こちらは八重咲きのもの。ときたま混じっています。

正式名ウマノアシガタ・別名キンポウゲだと最初に書きましたが、元は八重咲きのウマノアシガタをキンポウゲと別称していたのが、いつのまにかウマノアシガタ全体の別名になったのだ、という説もあります。

なお、キンポウゲ=八重咲きのウマノアシガタとは海外園芸種の「花金鳳花[ハナキンポウゲ](ラナンキュラス) Ranunculus asiaticus」(花径 ~15cm)のことで、とりわけ花が黄色の「ラナンキュラス・ゴールドコイン Ranunculus repens 'Gold Coin'」(花径3cm)を指すのだと言う人もいます。
けれど、これらは在来種とは全く異なる様相の花です。


こんなに綺麗な花ですが、ご存知のように有毒植物です。茎をちぎって汁に触ると、かぶれたり水膨れが出来たりすることがあります。
馬芹、大芹、鬼芹らの別名があるように、葉の形が少し芹[セリ]に似ているので、間違わないよう注意です。
食べると腹痛を起こし、重症になると血便をして死に至ることもあります。昔、北海道で多くの牛が中毒症状を起こした事例があるそう。
中国での別名の中に「山辣椒」「起泡草」とあるのは、この毒に因んでいるのでしょう。


馬の足型[ウマノアシガタ]、駒の足型[コマノアシガタ]の名は、根生葉[こんせいよう]が馬の蹄の形に似ていることから、とされます。
※根生葉とは、地面の上に立ち上がらずに広がる、根元の葉のこと。

キンポウゲの根生葉

けれどキンポウゲの根生葉は馬の蹄の形には似ていません。
昔の日本馬は馬わらじという藁靴を履いていましたが、その形にも似ていません。謎です。

別名の一つ「鳥の足型」が正解で、「馬」は間違いではないかとの説もあるようですが……。
確かに、根生葉ではなく上部の葉(托葉)なら、鳥の足型のように見える……かも?

キンポウゲの葉

英名の一つに「Crow foot(カラスの足)」、中国の別名の中に「毛脚鷄」「鴨脚板」とあるのも、同じ由来でしょうか。

なお、中国名の別名の中には「老虎脚迹」「老虎脚爪草」といったものがあり、恐らく、根生葉の形を虎の足跡に見立てているのだと思います。これが一番しっくりくる見立てだな、と自分としては思いました。

ちなみに、学名「Ranunculus[ラヌンクルス]」は蛙を意味するラテン語「Rana」に由来し、「蛙のいるような湿った場所に生える」からとされますが、「葉が蛙の足の形に似ている」からだと説明されることもあるのです。
日本での別名に「カイルコグサ」とありますが、もしかすると「蛙コ草」で、同じ由来なのかも。
キンポウゲの葉に足型が似ている動物が多過ぎだと思います。


中国での基本名は「毛茛」。
「茛」とはトリカブトの仲間を指し、キンポウゲの姿や毒性がそれに似ていることに由来するそうです。


毒は薬になる……ということで、古くから薬草として用いられました。
汁を飯粒や梅干しに混ぜて捏ねたものを、歯痛やリュウマチの薬として痛むところに塗ったり、擦ったものを皮膚病に塗ったり。
熱病の治療薬として用いられることもあったそうで、日本の別名の一つ「瘧落とし」はこれに因むと思われます。
※瘧[おこり]とは、マラリアのこと。


キンポウゲの花言葉
栄誉、栄光、名声、富(への欲望)、焦燥
子供らしさ、幼稚、自尊心、高慢、忘恩
中傷、嘲笑、悪意
不変の愛


園芸種のハナキンポウゲ(ラナンキュラス)の花言葉と共有しているものが多いようです。
ハナキンポウゲの花言葉には「晴れやかな魅力、美しい人格」というものもあります。



タガラシ

田辛子/田芥子/田枯らし/石龍芮[タガラシ] Ranunculus sceleratus
別名:牛芹[ウシゼリ]、田芹[タゼリ]、タタラビ、蛙の気付け[カエルノキツケ]、溝胡椒[ドブゴショウ]

キンポウゲ科キンポウゲ属の越年草。花期は春。
草丈30~50cm。
蛙がいるような湿った場所を好んで生え、水田や周囲の溝でよく見かけます。
古代、麦や米などの作物と共に渡来したのではないかと言われています。

やはり有毒で、噛むとピリッとする。それを辛味とみなして「田辛子[タガラシ]」と名付けられた、と言います。
別名「ドブゴショウ」も同じ意味でしょうし、「カエルノキツケ」は気付け薬に使えるほど辛いということか。「タタラビ」は「蹈鞴[たたら](溶鉱炉)の火」の意味で、それほど刺激的な辛味があるという事だとの説も。
ちなみに、学名の種小名「sceleratus」も「辛い」という意味です。

ところが別説も流布しており、タガラシは水田に繁茂して稲を育ちにくくするから「田枯らし」だ、と唱える人もいるのでした。


キンポウゲより太い茎に葉が密に茂った様子は、ずんぐりした印象を与えます。
花は7mm~1cmほどでキンポウゲの半分以下。黄色い花弁がエナメルの光沢を持つ点は変わりませんが、中心に縦長に突出した緑の頭花が特異です。実になってもやはり縦長(幅5mm、長さ1cm程度)。ここが最大の識別点となるでしょう。

タガラシの花


英名は「Celery-leaved buttercup」。「セロリ葉キンポウゲ」というところでしょうか。確かに、よく育った株の茎の太い感じや根生葉の形はセロリを思わせます。(上の写真では見えていません。キンポウゲの根生葉の角が丸くなった感じです。)

中国では「石龍芮」。日本でもこの字を用いて「タガラシ」と訓ませることもあります。


タガラシの花言葉
邪推
悪事、不毛にする

--------
Webで調べると、タガラシの花言葉は

意思を貫く、不屈の心
大志、大きな望み
辛抱できない、燃える愛情

等が高順位で出てきます。
でもどうもこれ、「タガラシ」の別名を持つアブラナ科の「種浸花[タネツケバナ]」の花言葉と混同している……ような?
尤も、花言葉に正解はありませんので、問題にはならないのでしょう。

--------
タガラシに似た花と実を付ける近似種に、「小狐の牡丹[コキツネノボタン] Ranunculus chinensis」があります。
「小」と付いていますが大きさは普通のキツネノボタンと変わりません。タガラシとも同じくらいか、場合によっては少し大きいほどです。
花は緑色の頭花が大きく盛り上がって、集合果は縦長で、それだけ見るとタガラシと間違えるかもしれません。

ただし葉の形が全く異なります。コキツネノボタンの葉はヨモギの葉を細長くしたように深く細かく裂けているのです。
また、痩果の先端がタガラシより突出し(鉤状屈曲は無い)、集合果がデコボコしています。
他にも、茎に「立った」毛が生えているという特徴があります。(タガラシは無毛。)
コキツネノボタンは多くの県で絶滅危惧種とされ、なかなかお目にかかれないようです。



キツネノボタン

狐の牡丹[キツネノボタン] Ranunculus silerifolius var. glaber
別名:金平糖草[コンペイトウグサ]、金平糖花[コンペイトウバナ]、金平糖の木[コンペイトウノキ]、馬芹[ウマゼリ]、鬼芹[オニゼリ]、大芹[オオゼリ]、タイソウグサ、鼬の足[イタチノアシ]

キンポウゲ科キンポウゲ属の越年草。
花期は春から夏。草丈30~50cm。

キンポウゲに比して花茎は太く、葉が上の方まで付いています。
花は1~1.5cm程度で、キンポウゲより小さくタガラシより大きい。
花弁はやはり黄色でエナメルめいた光沢あり。
主観ですが、キンポウゲに比べて花弁が長卵形がかっており、長細いものも見かけます。

キツネノボタンの花


集合果はキンポウゲに似ていますが、大きい。
キンポウゲのそれが8mm程度なのに対して1~1.3cmで、痩果の先端は棘のように尖り、鉤状にくるんと下(柄の方)を向いているのがハッキリと判ります。


キツネノボタンという名の由来は、実や花が狐の服のボタンみたいだから……じゃなくて、葉の形が牡丹のそれに似ているから、だそうです。

キツネノボタンの葉

確かに、ちょっと似ていますよね。牡丹の方がずっと大きくて、もう少し細くて尖っていますが。

別名の一つ「イタチノアシ」は、葉の形をイタチの足に見立てたものなのでしょうね。
キンポウゲの葉は馬の足だの烏足だの虎足だのと言って、近似種のこちらはイタチ。
キンポウゲ属の葉はどうでも動物の足を連想させるようです。

別名の「コンペイトウノキ」「コンペイトウグサ」「コンペイトウバナ」は、実の形を金平糖に見立てたもの。
本当に金平糖が実るのなら素敵なのに。


キンポウゲ同様、毒草です。
食べたり汁が肌に付いたりすると、キンポウゲと同様の症状が出ます。


キツネノボタンの花言葉
騙しうち
独りぼっち

有毒植物であることや、「狐が人を化かす」という俗信からイメージしているのでしょうか。

----------

キツネノボタンには微妙に特徴の異なる変種が幾つかあります。

ヤエザキキツネノボタン

八重咲き狐の牡丹[ヤエザキキツネノボタン] Ranunculus guerpaertensis f. pleniflorus

ヤエザキキツネノボタンの花花弁が多い以外は普通のキツネノボタンと同じです。

写真のものは無毛ですが、小葉があまり裂けず丸みを帯びている点や実がやや扁平な点は、ヤマキツネノボタンに少し似ているかもしれません。

撮影した場所(山地の湿った道沿い)には何株も、この八重咲きのキツネノボタンが生えていました。(通常のキツネノボタンも混じる。)


----------

ケキツネノボタン

毛狐の牡丹[ケキツネノボタン] Ranunculus cantoniensis

識別点は以下の三つ。

・茎(特に下の方)に沢山、「立った」毛が生えている。(普通のキツネノボタンはほぼ無毛)
・痩果の先端が殆ど曲がらない。せいぜい微かに曲がる程度。
・小葉はキツネノボタン同様に2~3裂し、キツネノボタンに比べて細い。先端や鋸歯(ギザギザ)が鋭く尖る。

ケキツネノボタン


ケキツネノボタンの花言葉
ウソをつくなら上手に騙して

----------

また、山狐の牡丹[ヤマキツネノボタン] Ranunculus silerifolius var. silerifolius の特徴は以下の通り。

・茎(特に下の方)に沢山、上に向かって「寝た」毛が生えている。
・通常のキツネノボタン同様、痩果の先端がクルンと鉤状に曲がっている。(ただし個体差がある。)
・小葉はほぼ裂けず、でっぷり丸くて卵形

これは湿った山地に生えるそうで、街の水路や整備された河原にはあまりないのかもしれません。

----------

中国地方から九州・沖縄にかけて分布する「島狐の牡丹[シマキツネノボタン] Ranunculus sieboldii」もあります。

・花弁が普通のキツネノボタンに比べて細長い。
・茎にも葉の表にも裏にもみっしり「立った」毛が生えている。
・痩果の先端はクルンと鉤状に曲がる。
・花が上の葉と対生に付く。(普通のキツネノボタンは互生。)



最後に、帰化種のキツネノボタンを。
トゲミノキツネノボタン


棘実の狐の牡丹[トゲミノキツネノポタン] Ranunculus muricatus
別名:棘実金鳳花[トゲミキンポウゲ]

トゲミノキツネノボタンの実と花キンポウゲ科キンポウゲ属の越年草。花期は春。
草丈15~40cm。花は1~1.5cmほど。
ヨーロッパ~西アジア原産の帰化植物。大正初期の1915年に仙台市で発見され、現在では西日本を中心に全国に見られます。

名前の通り、実に細かいイボイボ(棘)が生えているのが特徴です。

痩果先端の鉤状屈曲は無い。
痩果一つ一つの平たさが目立ち、集合果はコンペイトウのようには見えません。


トゲミノキツネノボタンの葉

主観ですが、上の写真のように裂け目の少ない丸い小葉を茂らせていることが多いように感じます。


この草の別名は「トゲミキンポウゲ」。
ところが「疣実金鳳花[イボミキンポウゲ] Ranunculus sardous Crantz.」なる、よく似た実を付ける外来植物も存在するのでややこしい。
そちらは背が低めで茎の太いキンポウゲという感じで、花径1~1.5cm。茎や葉の裏にまばらに長毛が生えます。


トゲミノキツネノボタン固有の花言葉は無いようです。



最後に、キンポウゲ属の集合果いろいろの画像を。

キンポウゲ属の集合果いろいろ

これを覚えておけば見分けに困らなくなる……かも?
スポンサーサイト

【2010/04/24 19:00】 | すわさき・その他
【タグ】 この花なんだ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック