「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。


菜の花[ナノハナ] Brassica
別名:菜花[ナバナ]、菜種[ナタネ]

アブラナ科の植物の花のうち、特に大きくて黄色いもの全般(大体アブラナ属)を指します。

昔は、菜の花と言えば油菜[アブラナ]の花のことでした。
菜種油を採るため畑で栽培されており、春には田んぼのれんげと黄とピンクの自然のパッチワークを作っていたものです。

山村暮鳥の

 いちめんのなのはな
 いちめんのなのはな
 いちめんのなのはな
  ・
  ・
  ・


と言う詩は、日本人にとって不変の春のイメージの一つです。

↓アブラナ。
ナノハナは、花が下から散っていった後、種の沢山入った細長い実を付けます。
アブラナは他のアブラナ科より種が大きく、これを搾って菜種油を採ります。



ナノハナをつぼみのうちに採って、おひたしにして食べるとほろ苦くて美味しいですよね。からし和え最高。
昔は然程食べられていなかった気がするのですが、近年は花芽だけがスーパーで売られるほど浸透し、菜花専用の品種も作られているようです。
食用、または切り花専用として栽培されている菜の花は「花菜[はなな]」と言うそうで、葉がちりめん状にシワシワしています。

専用ナノハナでなくとも、冬に食べきれなかったアブラナ科の葉野菜の花芽を、春に摘んで食べるのは楽しいものです。
個人的には、タアサイの花芽が美味しいと思います。


↓は水菜の花。細いので花芽を摘むのは面倒な感じ。


↓は、放置していた葉牡丹に薹[とう]が立ってエラいことになっちゃったでござるの図。



ナノハナの花言葉
快活(元気いっぱい)
初々しい
競争
豊かさ、財産
小さな幸せ
予期せぬ出会い
スポンサーサイト

【2010/04/13 19:00】 | すわさき・その他
【タグ】 この花なんだ  
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 菜の花プロジェクトネットワーク
すわ@管理人
こんばんは。ありがとうございます。

どんな漫画かは判りませんが、十年経っていても脳裏に浮かぶくらい印象的だったんですね。
私は、菜の花の出てくる漫画と言うと……『美味しんぼ』にあった菜の花漬けを作ってくれる老夫婦の話くらいしか思いつきません…。

リンク先拝見しましたが、菜の花ひとつで大きなサイクルを作ろうと言う運動があるんですね。

とても暖かくなったり寒くなったり、気候は本当に安定しないですね。MAERZさんもご自愛ください。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/14(Wed) 20:34 |   |  #[ 編集]
Re: 菜の花プロジェクトネットワーク
こんばんは。ありがとうございます。

どんな漫画かは判りませんが、十年経っていても脳裏に浮かぶくらい印象的だったんですね。
私は、菜の花の出てくる漫画と言うと……『美味しんぼ』にあった菜の花漬けを作ってくれる老夫婦の話くらいしか思いつきません…。

リンク先拝見しましたが、菜の花ひとつで大きなサイクルを作ろうと言う運動があるんですね。

とても暖かくなったり寒くなったり、気候は本当に安定しないですね。MAERZさんもご自愛ください。
2010/04/14(Wed) 23:50 | URL  | すわ@管理人 #r.0hNWwI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック