「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
自分の書いた日記を見たら、そのくらいのペースだった。
もうちょっと書いているつもりだったんだけど(*_*;

かんそ
遊星
104
OPとEDが変わって心機一転って感じですね。仕事をしていない治安維持局の長官たちもOPでは動いているし。
前回、途中から姿が見えなくなったブルーノがどうしているか心配だったのですが、何事もなかったかのような顔をしてみんなに溶け込んでいたので安心しました。ブルーノの頭の中身はどうか知りませんが。
チームカタストロフって、最初にチーム名を見たときは、名前だけ出て「楽勝だったぜ」とか「強かったな」とかで流されるチームなのかなと思ったのですが、ちゃんと戦うんですね。
ま、がんばれ。


種箱
種は本放送時は半分も適当にしか見ていなかった上に、あとから見ていなかった当たりはどんな話だったのだろうとビデオレンタルをしはじめたのですが、そのレンタル店が閉店したために続きを見れずにすごしていました(田舎だと他のレンタル店は遠いし、面倒だし)
で、箱を買っちゃったわけですが、今更ですがこんな話だったのねぇ、と思ってみています。
種も運命もですが、振り返り話を1つか2つ削れば、充分にテレビシリーズ内で、いい決着をつけられたはずなのにと、素人考えを起こしてしまいます。2回目の最終回が本当の最終回だったり、一部地域しか見られなかったりしたわけだし。
まあ、最近流行りの映画で完結をやられるよりはましですが。
基本にした媒体のシリーズ中できっちり締めて欲しいものです。見るだけの側の勝手な考えですが。
この結末は映画で。
よりも。
デザートにこの話をどうぞ、の方がいいなぁ。
ま、それはともかく、何よりもいいように利用されて利用されていたことにすら気づいていなかったザラ議長が悲しくてなりません。
スポンサーサイト

【2010/04/08 18:31】 | ちゃすか・感想
トラックバック(0) |

SEEDシリーズって
すわさき
女性的な感性が強いお話だった気がします。
フレイとキラの関係とか…。男の人が書いたらああならないよーな。

話が進むにつれ、キラとラクスが仙人モドキになっちゃったのが嫌だったな―。

総集編が多かったのは製作が間に合わなかったからだそうで、作られるはずの劇場版が作られていないのは、脚本が出来あがらなかったかららしいです。
だったら、別の人に脚本書かせればよかったのにね。

ご存知かもしれませんが、ちゆ12歳というエッセイサイトにある、SEED批判が、ギャグに昇華されてる感じで面白かったです。

■「ガンダムSEED」最終回(ちゆ12歳)
http://tiyu.to/news/03_10_01.html

なるほど
ちゃすか
映画の話があるようでないのはそういうことだったのですか…。
キラとラクスについてはおっしゃるとおりです。

ついでに
ちゃすか
種箱を見終わりました。
特に最終話が残念な感じ。やはり不消化。
あと、自分の記憶と違うところが何ヶ所かあり、今までの記憶は私が自分のために都合よく作り上げた妄想だったのか、と気になりました。ある場面は兄弟の人も、自分の記憶と違う、と言ってたしねぇ。
それは幻覚か幻想か妄想なのか自分の知らない何かなのか。
種に対しての今現在の感想を簡単に表現すると、
人の形(能力)は人(親)が選べても、宿る魂は選べない。ってことに目を向けなかった悲劇。
それは神の領域。たとえ運命計画が実働したとしても。
ですかね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
SEEDシリーズって
女性的な感性が強いお話だった気がします。
フレイとキラの関係とか…。男の人が書いたらああならないよーな。

話が進むにつれ、キラとラクスが仙人モドキになっちゃったのが嫌だったな―。

総集編が多かったのは製作が間に合わなかったからだそうで、作られるはずの劇場版が作られていないのは、脚本が出来あがらなかったかららしいです。
だったら、別の人に脚本書かせればよかったのにね。

ご存知かもしれませんが、ちゆ12歳というエッセイサイトにある、SEED批判が、ギャグに昇華されてる感じで面白かったです。

■「ガンダムSEED」最終回(ちゆ12歳)
http://tiyu.to/news/03_10_01.html
2010/04/08(Thu) 21:18 | URL  | すわさき #r.0hNWwI[ 編集]
なるほど
映画の話があるようでないのはそういうことだったのですか…。
キラとラクスについてはおっしゃるとおりです。
2010/04/09(Fri) 18:52 | URL  | ちゃすか #-[ 編集]
ついでに
種箱を見終わりました。
特に最終話が残念な感じ。やはり不消化。
あと、自分の記憶と違うところが何ヶ所かあり、今までの記憶は私が自分のために都合よく作り上げた妄想だったのか、と気になりました。ある場面は兄弟の人も、自分の記憶と違う、と言ってたしねぇ。
それは幻覚か幻想か妄想なのか自分の知らない何かなのか。
種に対しての今現在の感想を簡単に表現すると、
人の形(能力)は人(親)が選べても、宿る魂は選べない。ってことに目を向けなかった悲劇。
それは神の領域。たとえ運命計画が実働したとしても。
ですかね。
2010/04/10(Sat) 18:55 | URL  | ちゃすか #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック