「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
映画「花のあと」公式サイト

これは、個人的にはすっごく面白かった!

2010年の日本映画。時は江戸、海坂という架空の藩を舞台にした時代劇です。
藤沢周平の短編小説を映画化したもので、物語としてはシンプルですが、決して物足りなくはありません。キャラ萌えできる素敵なラブストーリーなのです。加えて凛々しい女剣士のチャンバラも見応えがあります。

前半の雰囲気は、同じ作者の短編小説を映画化した『山桜』によく似ています。が、後半からガラリと変わるのです。
平たく言いますと、前半と後半でヒーローが変わる。ヒーローのカラーで作品のカラーも変わっちゃう感じ。そして私は、後半のヒーローにして主人公の許嫁[いいなずけ]、片桐 才助(演:甲本雅裕)がむっちゃ気に入ってしまいました。いいよ、彼はいい!


寺井 以登[いと]の父は藩の組頭を務めている。若き日は剣の道に生きることを夢見、新婚の妻を置いて江戸の道場に十年ほども留学していたが、家を継ぐため諦めた経緯がある。生まれた子が女で多少の落胆をしたのは事実のようだが、諦めきれず、その一人娘・以登に江戸で学んだ剣術を厳しく仕込んだ。以登もそれによく応え、真剣に剣の道を学んだものだ。

つい先日も、父は以登を連れて藩内の羽賀道場へ行き、練習試合を頼んだ。男たちは以登の剣にコテンパンにのされたが、剣を交える前に所詮女よと侮られたことは以登の心に僅かな陰りを残していた。

それからしばらく過ぎた春の日。満開の桜を見に行った折、見知らぬ若侍が以登に声をかけた。目元涼やかなその男が名乗った江口 孫四郎[まごしろう]という名に、以登は憶えがあった。彼は羽賀道場いちの使い手だが、先日は留守にしていて対戦できなかったのだ。孫四郎は屈託なく以登の剣を褒め、いつか手合わせしたいと言って立ち去った。

ただそれだけの出会い。
しかし、彼の言葉は何故か以登の心に焼きついた。江口さまと試合がしてみたいとこぼすと、父は驚いた顔をして娘を見つめた。そしてしばらく後、本当に試合の約束を取り付けてくれた。

寺井家の庭で試合は行われた。以登は敗北したが、倒れかけた彼女を孫四郎が支え、刹那、二人は見つめ合った。その様子を父は見ていたが、何も言わず、孫四郎に庭を案内して茶を点ててもてなすよう言って立ち去った。

何事もなく孫四郎が帰った後、父は言った。「満足したか」と。「しかし二度と会うことはならぬ。お前には許嫁がいるのだからな」。
父があえて会う機会をもうけてくれたのだと以登は悟った。せめての思い出にするために。この時代、結婚は恋愛の先にあるものではなかったから。以登自身もそれをよく承知しており、想いを断ち切ることに何の異論もなかったが、孫四郎にも縁談が進んでいると聞くと、僅かに胸の痛みを感じたのだった。

さて、以登の許嫁を片桐 才助と言う。
一人娘の以登は婿養子をもらって家を継がねばならぬ。父が見込んだ才助と十四歳ほどの頃に婚約を交わしたが、彼はすぐに江戸の学問所に留学し、そのまま四、五年ほども帰っていなかった。一時帰国した時も以登とはすれ違ってしまい、会えないまま時は流れた。

しかし以登は構わなかった。元々好きで婚約したわけでなし。友人が先に結婚してしまったのは多少きまり悪かったが、むしろ気楽に過ごしていた。

ところが、そんな才助がとうとう帰国したのだ。父が、春になったら祝言を挙げよと定めた。
久しぶりに見た才助は、相変わらず風采が上がらぬ。にこにこと愛想がいいが、締まりがないとも言える。飄々として、まだ式を挙げていないのに食事に呼ばれて何杯もおかわりをするし、すれ違いざまに以登の尻を触るような助平だ。涼やかで礼節正しい孫四郎とは比べるべくもない。

その頃、孫四郎は別の女と結婚して婿養子に入っていた。彼の妻が藩の重役・藤井 勘解由[かげゆ]と結婚前から不倫をしていることは女たちの間の噂で知っていたが、以登にはどうすることもできないし、関わるべきことでもない。
ところがある日、父が少し言いにくそうに以登に告げた。孫四郎が江戸の藩邸で自害したと。

何故、孫四郎は自ら死んだのか。
仕事であり得ない大失敗をしたためとのことだが、どうして彼ほどの男がそんな失敗を。

納得できなかった以登は、才助を呼ぶと事件の真相を調べてほしいと頼み込んだ。
才助は仔細を問わずに快諾し、手早く藩中を歩き回ると、すぐに情報を集めて戻って来た。やはり、藤井 勘解由の陰謀だったのだ。孫四郎は陥れられ、自ら死に向かったのである。

以登は、勘解由と二人きりで会わせてほしいと才助に頼んだ。一緒に行こうかと言う申し出を固く断って。彼は戸惑った様子ながらこれにも応じてくれたが、帰り際に、前から聞きたかったがと、恐る恐ると言った様子で尋ねた。どうしてそこまでするのか。孫四郎殿と何かあったのか? と。「何も」と静かに以登は返した。ただ一度、剣の試合をしただけです、と。

それでも。女と侮らずに真剣に剣を合わせてくれた。そんな男は、孫四郎だけだったのだ。

以登の心を、才助は知る由もないだろう。ただ彼は笑った。そして言ったのだ。
「なんだ、そうか。そんな事だろうと思った!」
小馬鹿にしたようでもある。だがその表情は明るく、心から安堵しているようだった。

その日の早朝、以登は日本髪を解いて一つに束ね、剣術用の袴をはいて真剣を持ち、指定した林に向かった。
案の定、勘解由は罪を懺悔することなく、秘密を知る以登を亡き者にしようと刺客を差し向けてきた。
実らなかった初恋、しかも相手に知られることすらなかった幻のごときもの。それっぽっちの、けれど己にとっては一生に一度の恋のため、以登は命をかけ、たった一人で剣を抜いた…。


チャンバラシーンは見応えがありました。
以登役の女優さん(北川景子)が、しっかり剣術の練習をしているように感じました。彼女が剣を振るうシーンが何度かありますが、重心が安定していて、少しもふらふらしてないのです。少なくとも見た目は、振るう剣がしっかり鋭く重く感じられました。こういうのは男優でも珍しいように思います。ひどい役者になると殺陣[たて]がフワフワ踊りにしか見えないですもんね。

映画を観てから原作を読んだのですが、映画を観たとき感じたことと原作で書かれてあることが食い違って感じられた部分がありました。
才助が「孫四郎殿と何かあったのか」と尋ねて、「剣の試合を一度しただけ」という答えを聞いて「そんなことだと思った」と笑うシーン。原作を読むと「小馬鹿にしたように笑った」という風な一文しか書いてないのですよね。
でも映画で見た時は、確かに以登の真剣な想いを小馬鹿にしたと言えるんですけど、何だか違う印象を抱いたんです。

と言うのも、原作者が同じ『山桜』の似たような場面では、主人公は夫に邪推されひどく罵られるから。才助も以登と孫四郎の関係を邪推し嫉妬して激怒するんじゃないかとビクビクして観ていたんです。
ところが才助は度を超えた邪推なんてしなかった。そして「その程度か」と笑ったわけです。
小馬鹿にしていると思うより先に、度量の大きな男だなあ、と感じたのでした。

それまでは、物語の中の以登と同じ視点で、孫四郎と比べて冴えないオヤジだ、という見方をしていたんですが、以登の真剣な頼みを四の五の言わず引き受けてくれた態度に優しさを感じ、サッと探偵仕事をこなした点には有能さを感じて。そしてこの場面でとどめを刺された。見る目が180度転換したのです。
平たく言いますと、萌えた!(笑)

その後がまたいいんですよ。
初めての殺し合いに臨んだ以登は、腕を斬られながらも起死回生の一撃で勘解由を倒す。
ぐったりしてうずくまっていると、静かに才助が現れる。以登の意地のために手を出さずに見守ってくれていたんですね。で、以登の止血をしてくれ、自分の上着をサッと着せかけてやり、後始末は自分がするから人に見つかる前に帰りなさいと言うの。
うわ何この封建時代らしからぬ紳士は!
で実際、完璧に後始末をしてくれちゃう。勘解由は別件でかなり大掛かりな犯罪を犯してまして、それも才助は調べ上げていた。結果的にそれが公けになります。そして、才助の細工により、そっちのラインで誰かが勘解由を殺したんだろうということになり、以登は勿論、才助にも捜査の手が伸びることはありませんでした。

原作を読んで知ったんですが、映画版は原作よりも才助をカッコよくしているんですね(笑)。
原作だと、以登は交渉決裂と見るや何の躊躇もなく一突きして、無傷で勘解由を殺してしまう。女暗殺者みたいですな。才助が現れますが、死体を見てオロオロ動転。大変だ返り血が着物を脱げと迫って、冷静な以登に何言ってるのと突っ込まれる。こちらでも才助は以登を逃がして後始末をしてくれますが、五十年後の以登は「お粗末なものじゃった」と酷評(苦笑)。

この話、実は五十年後の以登が孫たちに自分の初恋話を物語る、という形式でして。
夫・才助への以登の評価は、実に辛辣で散々なものです。
でもですね、才助はその後、昼行燈と言われながらもどんどん出世して、ついに老中になったそうで。以登も彼女の友人も、才助は風采が上がらぬ賢そうに見えぬと評価していたんですが、父の婿選びの目は正しかったらしい。家では冴えないようにしか見えなかったが、これだけ出世したからには私には解らない才能があったということらしい、と五十年後の以登は辛辣に語ります。
ところが才助は、以登に「あろうことか」七人も子を産ませたのだそうです(笑)。才助が亡くなって一、二年くらい経って、沢山の孫たちを集めてこんな昔語りをしている。
こうした語りを聞いていると、夫婦仲は実は円満だったんじゃないかな、と思えてきます。
つまり、以登さんはツンデレ…!?


五十年後の以登のナレーションを被せながら、物語の最後は再び満開の桜の下になります。
以登が初めて孫四郎に出会ったあの日と同じ。
その桜の下に、今は才助といる。

で、五十年後の以登は語る。花は以前と変わりないのに、何故か、その日の桜の色が寂しく見えた。それは自分の青春の日が終わったからだったのかもしれない、と。

このナレーションを映画館で聞いた時、違和感を感じたものでした。
ナレーションだと「輝かしい日は終わった」という悲しい感じなのに、絵や雰囲気はとても明るかったから。花は綺麗で、以登と才助はいい雰囲気で。
何より、映画を見ていた私は才助に魅力を感じるようになって、以登の初恋は悲しく終わってしまったけど、これから才助との新しい恋が始まるんだな、と理解・期待していたからです。
あれ? 才助はあんなに素敵なのに、彼との結婚生活は輝かしくはないのかな……。

けれど、この違和感は原作を読んで解消されました。(ナレーションは原作からそのまま採られたものでした。)
原作ラストシーンの以登は実は結婚後で、既に腹に第一子がいる。その状態で結婚前を思い出して少し寂しく思い、それからその場所に花見に行かなかった、と締める。
娘時代の自分と決別し、地に足を付けた生活を始めた、という感じですかね。そう解釈すると才助との生活を否定しているニュアンスは消える…でしょうか。


孫四郎と才助は、対照的なヒーローだと思います。
孫四郎は仕事で失敗すると、恐らく自分が陥れられたことを悟ったでしょうに、一切言い訳せず誰にも相談せず戦うこともなく、すぐに自害しました。それは武士的で美しいとも言える。
けれど、孫四郎の死について調べる中で才助はこぼすのです。「だが、何も死ぬことはなかろう」と。
才助は武士の美徳からは外れた、決して涼やかではない男ですが、魅力的だと私には感じられました。


面白い映画でした。
前半、BGMをあまり使っていなくて、自然の音を多用していたっぽいのが印象的でした。
特に孫四郎と以登の試合の場面。ザワザワという葉擦れの音だけがずっと微かに聞こえていて、倒れかけた以登を孫四郎が支えたシーン、大きくザザザザザ…と葉擦れの音が響く。
なんとなく、少女漫画的な演出だと感じました。音楽ではなく、自然物によって《心の音》を表現する感じ。

才助の登場以降はBGMが多くなってきて雰囲気が変わった感じがしましたよ。
劇場で一度観ただけですから、単なる思い込みかもしれませんけど。


関連記事
 映画の感想【山桜】
スポンサーサイト

【2010/04/03 01:27】 | すわさき・感想
【タグ】 映画の感想  
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/04/13(Wed) 22:23 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック