「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
メイン掲示板の方にこの話題を書き込んでくださっている方もいますが、今日は一番最初のMSX-2 DS版の『魔導物語』が発売された日からちょうど20年目です。
ついでに言うと、はてなどうは今年が10周年でしたよ。今後も維持できるよう頑張ろう。

何ヶ月か前、魔導物語の生みの親の米光一成さんのブログに、魔導物語20周年(と、新発売の携帯ゲーム)にちなんだ裏話が掲載されていたものでしたが、今日もまた関連話題を少し書いておられました。

『魔導物語』20周年(こどものもうそうblog)

二つほど、新たな裏話と言うか、ささやかな暴露話を書いてくださっています♪
年の瀬に、ファンには嬉しいプレゼントですね。

それはそうと、「魔導大事典」のこないだの更新分でしたか、「魔導と魔道の違いって何?」みたいな投稿があったのです。
そして、今回の米光さんのブログ記事の内容が、たまたま、その回答みたいな感じでした。

タイトルの『魔導物語』は字が難しいので『魔道物語』のほうがいいのではないか、という意見も出たけど、「いやいや画数が多いこちぇこちぇした文字のほうがかっこいいもーん」という米光駄々で「導」に。あ、もしかしたら、当時は「魔道と魔導というのは意味が違っていてだね、導くの導であるからうんぬん」とか言ったかもしれんが。



と、いうことだそうですよ。ふむふむ。


------------------

話変わって。
『ぷよぷよ7』特設ページからもリンク張ってる、『ぷよフィ』系キャラの設定紹介(キャラ考察)ページに、『ぷよ7』の世界設定の項目を追加しておきました。といっても、公式からの設定が一切出てませんので、私の勝手な感想なのですが。

『ぷよ7』感想アンケート、参加してくださった方々、本当にありがとうございます。まだ参加していない方は参加してくださると嬉しいです。

NDS版しか持っていない、という方が圧倒的多数だったのには、かなり驚いています。
NDS版のみ半年の先行、後発機種版には特に追加要素なし…加えて不況となれば、仕方のないことなのでしょうか。強度のファンは早く遊びたいから最初に発売されるものを買い、(フルボイスだの画質が良い程度しか)内容が変わらないから後発機種版にまで手を出さない。廉価な携帯機に人気が集まる……みたいな?

二、三年後に『ぷよ8』が出る頃は、世の中どうなってるんでしょうね。
とりあえず、確実に『ぷよ7』は携帯電話アプリに移植されてるでしょうが。コンパクトな作り(プログラム自体、『ぷよ!』のアレンジ版だし)なので、早くそうなりそう…。
スポンサーサイト

【2009/12/10 22:56】 | 魔導・ぷよ系の話
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック