「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
レス板を削除したのは、もうレスすることもないだろうと踏んだためでしたが、ありがたいことに新たにコメントをいただきましたので(一件目は、コンテンツの間違い(?)へのご指摘なのかもしれませんが)、ここでレスしてみることにします。

で、ハタと気付いたのですが、既にメルフォから「返信不可」「引用不可」のチェックボックスを外していましたので、それらの意向が判りません。あわわ。
もし、レスや引用が不本意でしたらごめんなさい。

ちなみにこのブログにも、コメント機能や拍手機能が付いてますので、お好みに合わせてご利用ください。
それぞれ、以下のような感じです。

コメント欄…
文字数制限なし/コメント公開・非公開選択可/基本的にレスを付けてます

ブログ拍手…
コメント送信機能あり・文字数制限500字/コメント公開・非公開選択可/(仕様上、)拍手ページ内でレス/非公開の場合、レスは付きません(仕様上、出来ません)


では、以下からレス。
折角ブログなので、試みに、追記機能を使って折りたたんでみましょうか。


現代の年表・ND2015を見て気付いたのですが。

アビスの公式シナリオブックには、
イオン…7体目
シンク…6体目
フローリアン…3体目
ということになっているようです。

しかし外伝小説にはシンクは5体目と記述されています。
シナリオブックの方は「確か~」と書かれていたのでシンクは5体目、と考えた方がいい…のかもしれませんが、実際はどうなのか…?


こんにちは。コメントありがとうございます。

あとがきによると、ファミ通文庫版の小説は、小説家さんがゲームのメインシナリオライターさんに直接エピソードや設定を質問して書いたそうで、ジェイド幼少時代の内容を見るに、没イベントシナリオも入手していたっぽい。

その一方で、ナタリアの乳母の名前、実母の具体的な病名は、原作に設定がなかったので小説家さんが独自に創作した、とも書かれています。

そこから想像するに、当時、小説家さんが「シンクは何番目のレプリカですか」と尋ねたら「(今まで具体的に決めていなかったけど)五番目くらいでしょうか」とか「フローリアンが先でシンクはその後です」くらいの答えが返ってきた、のかもしれません。

で、シナリオライターさん的には曖昧な設定だったので、数年後のシナリオブックでは「シンク=6だったと《思います》」と、やはり曖昧な感じで答えた…のかも?

なんにせよ、小説版は公式の許可を取っているとはいえ、公式外伝という扱いではないので、公式側が後で違う設定を出してしまったのなら、そちらが優先される。

つまり、(外伝小説が書かれた時点で《五番目》が正設定だった可能性も否定はできませんが、現在は)「シンクは六番目」というのが正設定として固定されるかと思います。


年表は、現時点では『シナリオブック』『追憶のジェイド』で追加・明示された設定を取り入れてませんので、結果的に間違いだらけになっています。ごめんなさい。(^_^;)
直さないといけないですね…。(と言いつつ、みかん食べてダラダラ…怠け者です…)
それらの感想すらもまだ書いてないので、なんとなく手がつけられないのでありました。(変なこだわり)




すわさきさんのVS感想が読みたかったのですが、反転部分は携帯からは見ることが出来ず、時間をつくってネカフェでじっくり~♪と考えていたのですが…
レス板は削除されてしまったのですね…残念です。


こんにちは。コメントありがとうございました。

『VS』の感想…。そ、そうでしたか…(汗)。
読み捨て文ですし、掲載して一、二ヶ月くらいは経ってたので、読みたい人は読み終わっただろうから、もう必要ないだろうくらいに考えてたのですが、申し訳なかったです。

あの文、あまり評判良くなかった気がしたので(未プレイの方に反論されてましたし)、とっとと破棄してサッパリしたかった、というのが結構ありまして。(^_^;)

そうか。要反転だと携帯の方は読めなかったんですね。
その点、ブログでは追記機能を使ってネタバレ隠しを行いますから、安心だと思います。
(FC2ブログは、携帯だと 折りたたみは効かずにそのままベタッと見えちゃうそうなので、携帯の閲覧者さんにはネタバレ隠しとしては機能しませんが、そこは各自で注意していただくしかないですね…)

ブログ内の他カテゴリでは折りたたまずにネタバレ記事を書いているのに、テイルズカテゴリでだけ、ネタバレ感想は折りたたみ使用というのも、ちょっとおかしな感じではあるんですけど。(^_^;)
ナラカ側の閲覧者さんは真面目で繊細な方が多いかな、という印象です。

って。他ジャンルの閲覧者さんがネタバレに強いというわけではないのでしょうが、多分もう、諦めて遠巻きに見守ってくださっているのだと思います。

仰ってくださったように、ここでもまた、アビス関連の何か楽しい話を出来ればよいのですが。

コメント拝見して、最初、で、できるかなとドキオロしたんですけど、考えてみたらレス板時代から、そんなに面白い話なんてしてなかったよ…と気付いたら、気が楽になりました。ははは~。
そんな感じで、ユルユルとやっていきたいと思います。
お暇な時に見てやってください。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


現代の年表・ND2015を見て気付いたのですが。

アビスの公式シナリオブックには、
イオン…7体目
シンク…6体目
フローリアン…3体目
ということになっているようです。

しかし外伝小説にはシンクは5体目と記述されています。
シナリオブックの方は「確か~」と書かれていたのでシンクは5体目、と考えた方がいい…のかもしれませんが、実際はどうなのか…?


こんにちは。コメントありがとうございます。

あとがきによると、ファミ通文庫版の小説は、小説家さんがゲームのメインシナリオライターさんに直接エピソードや設定を質問して書いたそうで、ジェイド幼少時代の内容を見るに、没イベントシナリオも入手していたっぽい。

その一方で、ナタリアの乳母の名前、実母の具体的な病名は、原作に設定がなかったので小説家さんが独自に創作した、とも書かれています。

そこから想像するに、当時、小説家さんが「シンクは何番目のレプリカですか」と尋ねたら「(今まで具体的に決めていなかったけど)五番目くらいでしょうか」とか「フローリアンが先でシンクはその後です」くらいの答えが返ってきた、のかもしれません。

で、シナリオライターさん的には曖昧な設定だったので、数年後のシナリオブックでは「シンク=6だったと《思います》」と、やはり曖昧な感じで答えた…のかも?

なんにせよ、小説版は公式の許可を取っているとはいえ、公式外伝という扱いではないので、公式側が後で違う設定を出してしまったのなら、そちらが優先される。

つまり、(外伝小説が書かれた時点で《五番目》が正設定だった可能性も否定はできませんが、現在は)「シンクは六番目」というのが正設定として固定されるかと思います。


年表は、現時点では『シナリオブック』『追憶のジェイド』で追加・明示された設定を取り入れてませんので、結果的に間違いだらけになっています。ごめんなさい。(^_^;)
直さないといけないですね…。(と言いつつ、みかん食べてダラダラ…怠け者です…)
それらの感想すらもまだ書いてないので、なんとなく手がつけられないのでありました。(変なこだわり)




すわさきさんのVS感想が読みたかったのですが、反転部分は携帯からは見ることが出来ず、時間をつくってネカフェでじっくり~♪と考えていたのですが…
レス板は削除されてしまったのですね…残念です。


こんにちは。コメントありがとうございました。

『VS』の感想…。そ、そうでしたか…(汗)。
読み捨て文ですし、掲載して一、二ヶ月くらいは経ってたので、読みたい人は読み終わっただろうから、もう必要ないだろうくらいに考えてたのですが、申し訳なかったです。

あの文、あまり評判良くなかった気がしたので(未プレイの方に反論されてましたし)、とっとと破棄してサッパリしたかった、というのが結構ありまして。(^_^;)

そうか。要反転だと携帯の方は読めなかったんですね。
その点、ブログでは追記機能を使ってネタバレ隠しを行いますから、安心だと思います。
(FC2ブログは、携帯だと 折りたたみは効かずにそのままベタッと見えちゃうそうなので、携帯の閲覧者さんにはネタバレ隠しとしては機能しませんが、そこは各自で注意していただくしかないですね…)

ブログ内の他カテゴリでは折りたたまずにネタバレ記事を書いているのに、テイルズカテゴリでだけ、ネタバレ感想は折りたたみ使用というのも、ちょっとおかしな感じではあるんですけど。(^_^;)
ナラカ側の閲覧者さんは真面目で繊細な方が多いかな、という印象です。

って。他ジャンルの閲覧者さんがネタバレに強いというわけではないのでしょうが、多分もう、諦めて遠巻きに見守ってくださっているのだと思います。

仰ってくださったように、ここでもまた、アビス関連の何か楽しい話を出来ればよいのですが。

コメント拝見して、最初、で、できるかなとドキオロしたんですけど、考えてみたらレス板時代から、そんなに面白い話なんてしてなかったよ…と気付いたら、気が楽になりました。ははは~。
そんな感じで、ユルユルとやっていきたいと思います。
お暇な時に見てやってください。
スポンサーサイト

【2009/10/18 11:52】 | テイルズ系の話【レス含】
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック