「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
友達100人できるかな 1 (アフタヌーンKC)友達100人できるかな 1 (アフタヌーンKC)
(2009/08/21)
とよ田 みのる

商品詳細を見る

独特でプレーンな恋愛関係を描いた『ラブロマ』で好評を博した作者による、SF(すこし・ふしぎ)な最新作。

主人公は、36歳の小学校教員・柏 直行。大学時代に知り合った妻と晩婚をし、出産を間近にして幸せ絶頂! ……だったのだが。
気がつくとなんか変な人(?)がいて、産院の病室での夫婦の様子を「あらあらv」って感じで微笑ましそうに見てる。しかも、なぜかそれが全然気にならない直行。なんじゃこれ?

人間大のボーリングのピンが昔の漫画の未来服を着たみたいなその人(?)は、愛を研究する宇宙人なのだという。この異常事態に直行が平然としているのは、アドレナリンの分泌量を抑える電波を出して精神操作しているからとのこと。(リモコンでワンタッチです。)

言われるままにTVを点けると、空一面を覆い尽くすUFOが報道されているではないか。あと数分で地球制圧は完了できる。しかし彼らにはルールがあり、知的生命体と認められる他種族の生息する地域には侵攻できない。その基準は《愛》を持つか否かである。

よって、テストをすると言うのだ。
全人類の中からランダムに選ばれた個体、すなわち直行が、人類が《愛》を持つことを証明できたなら、侵略は中止される。しかし証明できないなら、人類は滅ぼされると。

かくして、(リモコンワンタッチでほにゃほにゃと同意してしまい、)直行は三十年近く前の1980年代、小学生だった頃に逆行した。そこは試験場であり、パラレルワールドである。ここで小学校卒業までの三年間に友達を百人作ること。それが試験の内容だった。友情の成立を判定するための腕時計型の不思議アイテムも渡される。
しかし、肉体は小学生でも、中身は頭の固くなり始めた36歳。果たして、友達100人できるのか…!?


連載第一回目を雑誌で読んだとき、これは面白い! 面白くなると、胸が震えた。
この設定なら、ドタバタでも人情話でもなんでもござれだ。

80年代懐古の側面もある。
そもそも、宇宙人のキャラデザインや、人類から一人を選んでの侵略テストという設定も、藤子・F・不二雄テイストで懐かしい。
けれど、古臭過ぎはしない。いい感じに古びた雑貨を見るような、ワクワクするような新しさがある。

なにより、宇宙人こと道明寺さくらのキャラクターがいい。
ヘンテコなのに素のままで場に溶け込んでいるし、のほほんとした顔も面白いし。
直行を査定するために同級生の女の子の姿に偽装するのだが、それでもいちいち言動が面白い。人類社会の常識はきちんとあり、人当たりが良くて社交的で言葉づかいも優しいのだが、不思議系で、決して恋愛対象にはなりえない。

そんな彼女を、直行は最初の友達に選ぶ。装置に表示された彼女の側の友愛値は最初からMAXなのが面白い。人類とは精神構造が違うのだ。一方、直行の彼女への友愛値ははるかに低かった。

「アナタ達ではスグに心ヲ開くコトはできナイのデショウ」「時間ヲかけレバ良イのデス」「何年カカるかワカリまセンが」「デハまた明日」


立ち去って行こうとする彼女に、直行は告げる。

「子供が産まれるんだ……」「頑張ってマイホームの頭金も作った」「僕だけの家族を作るためにやっと大人になったんだ」「それなのにこんなことになって お前のことなんか好きになれるわけがないだろ……」「バカヤローッ!!!


その瞬間、直行からの友愛値がMAXに達し、友達成立が認定される。

「……これが僕の本音だよ」「でも君を信用するって決めたんだ!!!」「友達になって下さい


興味深い。彼女はそう思ったのかもしれない。

ハイ喜んデ


二人は握手を交わし、直行の二度目の小学生生活はスタートしたのだった。



小学生時代の親友、けれど今は名前もすぐには思い出せなかった相手。
かつては全く交流することのなかった、クラスでも敬遠されていた乱暴な奴。
気まずいまま疎遠になってしまった、今思えば初恋の相手だったのかもしれない幼馴染みの女の子。

友達を作る日々は、人間関係の再構築でもある。
一方で、本来ならこの時間に会うはずのない未来の妻の顔を見に行ったり、別のパラレルワールドから来た、同じ試験を受けている女性(今は同級生)&試験官の宇宙人と出会ったり。

無事にクリアできるのか。
また、ここがパラレルワールドである以上、友達百人達成しても別れが必ずやってくる。ここで築いた友情は本来の世界には繋げられない。
一体どんなことになるんだろう。ドキドキする。

百人分の物語をそのままやったら、完結までには八年かかるということだけど。最後まで失速せずに面白い話を見せてほしいなと、期待の膨らむ第一巻だった。



ところで、作者さんの公式サイトには無料で読める漫画も展示されていて、色々お得です。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2009/09/13 17:11】 | すわさき・感想
【タグ】 漫画の感想  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック