「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
魔導大事典への投稿で教えていただいたんですが、ぷよの新作、先月中旬の十日間だけ、ゲームセンターでロケテストが行われていたんですね。

「ぷよぷよ! The Medal Edition」と言って、メダリンクというメダルゲームシリーズの一つだそうです。
このシリーズの特徴は、ゲームをプレイして点数がたまっていくと「ジャックポット」なる状態になって、その状態の時に同シリーズの別のゲーム機がリンクして、メダルが大量獲得できる「メダリンクゲーム」という共通ゲームモードになることがある、ということみたいです。
メダルの投入口が九つあって、そのどこに入れて投入するかなんかもゲームに関わるらしいです。でも実物見てないから全然違うのかも。

メダルゲームって遊んだことないんでよくわかりませんが、かつてのメダルゲーム「ぷよぷよスロット」に近い、メダル投入で組ぶよを変化させて連鎖させる基本画面から始まって、そこから別の様々なゲームモードに発展していく感じみたいですね。

ぷよを連鎖させると、連鎖数に応じて「ジャックポットステップ」というゲージが伸びていき、十連鎖で「ジャックポットチャレンジ」になるそうです。ゲージの伸びる途中で決められた連鎖数に達するとミニゲームになって、選択肢によってゲームに有利なアイテムがもらえるそうです。

「ジャックポットチャレンジ」になると、ぷよ勝負画面になります。
ちゃんとルーレットですいちゅうやずっとフィーバー等のルールを選択するそうです。
連鎖によって敵にダメージを与えるそうです。
ただし、ぷよの操作自体はCPU任せで、プレイヤーは九つの投入口に合わせたパネルに回復、攻撃、メダル増加、ダメージなどがランダム表示されるので、ダメージを避けてメダル投入し、敵キャラを攻撃することが可能みたいです。このぶよ勝負モード(ジャックポットチャレンジ)には時間制限がある模様。

これに勝利するとイベントが起こり(独自の漫才デモがあるらしい)、そこで宝石を入手できることがあり、これが七つ集まると「BIG FEVER」というモードになって、基本画面のぷよの配列が連鎖しやすいものになり(つまりフィーバーモードってことか)、「ジャックポットチャレンジ」が起こりやすくなるそうです。

特に「クリア」の概念はないっぽい。
アンケートを取っていたそうで、本稼働時には自分でぷよ積み操作できるようになる可能性があるらしいです。

登場キャラは「ぷよ! 15th」と同じらしい。グラフィックは、ロケテスト時はすべて「ぷよ! 15th」からの流用だったみたいです。


にしても、かつてバンプレストから「ぷよ」系のメダルゲームが出ていたのは'94~'95年ですから、メダルゲームとしては十四年ぶりくらい? 来年稼働になるんでしょうか。

今までの例からするとメダルゲームが家庭用ゲーム機に移植される可能性って低いですが、どうなるんでしょう。ゲームセンターでしか遊べないのなら私は無理なので、誰かリポートしてくれる親切な人が現れるのを期待するしかありません。

にしても、携帯サイトでぷよ新作のストーリーについてアンケート取ってたというやつは、どうなったんでしょう? これのデモのことなのか?? それともまた別に何かあるのか。

なんにせよ、「ぷよフィ」ではなく「ぷよ!」だった点が興味深いですね。
旧キャラ完全復活・定着ってことでいいのだろーか。


■「ぷよぷよ! The Medal Edition」のプレイリポートをしているブログさん
ガチャマンボ!な生活
もう1つの屋根裏部屋

メダリンク公式サイト


数ヵ月後の追記。
以上の内容は色々間違っています。より情報を正確に書き直したものを、はてなどう内の
魔導データ館>魔導タイトル>ぷよぷよ! The Medal Edition
に記載しています。

関連記事
 2010-05-24 はてなどう更新詳細
↑データを投稿していただいたので、魔導データ館内にデモの掲載を開始しました。併せて、魔導タイトルの文章も、より正確・詳細に書き直し。
スポンサーサイト

【2008/11/11 21:31】 | 魔導・ぷよ系の話
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック