「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
昨日の日記を書いた後、
それでも何か短文でも書けて日記にこっそり追加できたら、自分的にかっこいいかも・・・。
と思った。

メモ用紙になんか書いてみたけれど、頭痛に負けて昨日はダウン。
もっと練って・・・とも思ったけれど、それをやり始めるといつ出来上がるのかがわからないので、昨日やってみたかったことを今日やってみました。

夢のあとさき



だからボクはすべて夢だと思うことにしたんだ。

友人たちの引きつったような笑顔も窺うような視線も全て。

気がついたら記憶が飛んでいて、何かが起こっている。
ボクはいつの間にか周りの顔色を窺っている。

気付いている、静かな視線。
気付いている、冷ややかな視線。
怯えと拒絶。

ボクは居場所を求めて彷徨う。
それは何処にもない。
だからボクはすべて夢だと思うことにしたんだ。
悪夢。
ボクがいるのは悪夢の迷宮。

新しい街。新しい友人。新しい人間関係。
ボクはすべてを夢だと思うことにしていた。

飛んだ記憶の先で、忌憚のない笑顔を見せてくれる友人たち。その笑顔の先で少しずつ夢が崩れる。
新しい友人たちと、ボクに棲み付いている何かが現実の訪れを告げる。




スポンサーサイト


追記を閉じる▲
夢のあとさき



だからボクはすべて夢だと思うことにしたんだ。

友人たちの引きつったような笑顔も窺うような視線も全て。

気がついたら記憶が飛んでいて、何かが起こっている。
ボクはいつの間にか周りの顔色を窺っている。

気付いている、静かな視線。
気付いている、冷ややかな視線。
怯えと拒絶。

ボクは居場所を求めて彷徨う。
それは何処にもない。
だからボクはすべて夢だと思うことにしたんだ。
悪夢。
ボクがいるのは悪夢の迷宮。

新しい街。新しい友人。新しい人間関係。
ボクはすべてを夢だと思うことにしていた。

飛んだ記憶の先で、忌憚のない笑顔を見せてくれる友人たち。その笑顔の先で少しずつ夢が崩れる。
新しい友人たちと、ボクに棲み付いている何かが現実の訪れを告げる。




スポンサーサイト

【2007/09/03 18:26】 | ちゃすか・その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック