「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
のルールって、どんなものだったかなぁと思った、昨日の銀魂。
今の子供もそういう遊びってするんですかね?


兄弟と何気なく会話をしていて、
タイガースアイ、フィッシュアイ、ホークスアイ、っていう名前だったっけ?
と思ったけれど、これだけで何の話をしていたか、分かる人がいたら、それはそれであれだなぁという話をした。
で、この名前で良かったですかねぇ(ヒントなし)
スポンサーサイト

【2007/03/23 21:02】 | ちゃすか・その他
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
缶けり缶けり(かんけり)は、日本昭和期以降の子供の遊びの一つ。呼び名が違う地域もある。通常屋外で行う。公式ルールが存在しないため、地域及び時代(世代)により派生した様々なルールが存在する。概要参加人数 3名以上いれば可能であるが、10-20人が適正範囲とされ
2007/04/21(Sat) 11:42:48 |  子供の遊び・文学いろいろ