「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
「魔導データ館」、魔導大事典を更新。
ロードさんの『ぷよぷよ! The Medal Edition』のデモデータを追加。(アルルvsアミティ連チャンデモ、すけとうだらvsクルーク、アルルvsシェゾ、すけとうだらvsルルー)
その他データ更新。

「虎の穴」にアルピノさんの「川のほとりで」をアップ。


投稿ありがとうございます。

ロードさんへ。
デモ表を埋めることを もはや諦めていたので、意外な喜びでした。
本当にありがとうございます。
超低空飛行ですが、今後も存在し続けている所存ですので、宜しくお願い致します。

----------------

2014年になりました。
あけましておめでとうございます。

おせち作りその他でくたびれたですー。
紅白はあまちゃん(と、東北)ラッシュ・プッシュ過ぎて圧倒されました。
スポンサーサイト

【2014/01/01 03:38】 | はてなどう更新管理
トラックバック(0) |


やきそば
あけましておめでとうございます。

ぷよクエACのスタッフロールを確認、及び撮影した来たのでつらつら書きたいと思います。(まだなかったはずですよね・・・?)
スタッフロール自体はカスタマイズ画面等で確認できました。


ディレクター
増井 宏

ゲームデザイン
林 智加良

チーフプログラマー
江谷 俊彦

プランナー
畑佐 雄大
福富 浩二
伊藤 隆真
藤山 亨
岩城 潤

プログラマー
前田 健作
山本 宗平
磯 正敏
橋上 秀平

デザイナー
喜多川 昌典
吉田 ちひろ
鈴村 祥子
条 隆志
太田 陵
伊藤 裕子
澪田 晴奈

サウンド
安部 栄基
光吉 猛修

メカニカルエンジニア
田代 智久
富永 麻子
三原 正裕

エレクトリカルエンジニア
矢野 靖人

キャビネットデザイナー
庄井 祥子

プロジェクトマネージャー
藤井 徳人

品質保証
川勝 法史
田中 良寿
森 健太郎

監修
細山田 水紀
三瓶 映
井上 雅之
神戸 祥子

声の出演
菊池 志穂
園崎 未恵
今井 麻美
渕崎 ゆり子
並木 のり子
森田 成一
近藤 佳奈子
名塚 佳織
倖月 美和
佐倉 薫

アフレコ コーディネート
水村 淳一(リマックス)

制作協力
HK1
kazeto
n/substance
NINNIN
Nunohito
TAQRO
青にこ
秋津たいら
ギロチン
くお
齋藤直美
鹿間そよ子
鳴海アラタ
ハトムギ
まあこ
松岡昭雄
皆川史生
ヤミーゴ
株式会社maruco

株式会社セガネットワークス

株式会社オーツー

スペシャルサンクス
小林 正幸
安藤 清史
三橋 慶士
大神 有希子
堀井 寛郎
苗村 一

森田 信尚

山田 高史
浜田 哲弥
飯田 貴行
小林 伸平
加藤 小雪
小田 やよい

清宮 敦嗣
佐藤 直行

飯塚 隆

プロデューサー
西山 泰弘
渡邉 正勝
森山 彩乃


以上です。ちなみにスタッフロール中はぷよぷよのうたピコピコMIXが流れ、ページは手動で。(7頁中後ろ2頁はセガのロゴとALL.Netのロゴでした。)
また、ver1.0時点のものなので現行機ではまた違うところがあるかもしれません。

年末にあったニコニコ生放送によると、レムレス、フェーリ、すけとうだらの追加が確定?したので少なくとも声の出演の欄は増えると思います。

とりあえずは以上で。



あと少々戯言をば…
ACのプレイ感想文も書こうか悩んでるのですがなかなか難しいです。ぷよぷよの上手さと運の良さ、課金が大きく影響するので、ぷよぷよが上手くても課金に抵抗があったり運が悪い人にとってはなかなか火力が出ずに楽しめず、ステージが進むと課金しても連鎖が作れない人には結構苦しいものになるので・・・。
運の良さは課金でカバーできてもぷよぷよの上手さばっかりは「やろうとしないと」どうしようもないので人によっては結構悪い評価をつけるような・・・。
またレア度が火力に直結するので、SRのカード×4で6連鎖、金Rのカード×4で8連鎖とかだと普通に前者の方が火力が出るんですよね・・・。

ドラマCD4を購入しました。まだ聞いてらっしゃるかどうか分からないのでネタバレにならない程度…。私的にはあまり魔導のキャラとプリンプのキャラを一緒に出した意味はなかったなーという感じでした。結局は魔導は魔導、プリンプはプリンプで仲良くしてる。
やっぱり型に当てはめた結果かなあと思います。コンパイルを持ち上げるわけではないのですが、SUNでやさしいの主人公にドラコを持ってきたり、DSのゲームでのアルルだけではなく色々なキャラクターを主軸に添えたゲームは偉大だなと。少なくともキャラファンとしては。

ぷよぷよテトリスの発売も残り一か月を切りましたね。
店などで配られてる販促冊子ではまだ公開されていないテトリス側のキャラ、双子のジェイとエル、お世話ロボットのゼット等も公開されています。
個人的にはサタンさまはともかくシェゾを随分引っ張るなあという印象です。あとリデルは今回も出ないんですかねえ…。
20thのときと比べとにかく情報が少ない。キャラクターの発表ばかりでルールの詳細やどんな機能があるのかもなんだか発売ひと月前にしては露呈が少ない気がします。体験版まだかなあ・・・。
しかし、テトリスキャラ多いなーと思います、まあぷよぷよテトリスですからあんまり少ないとなんだかぷよぷよ贔屓すぎな気もしますけど。7のときのように既存のキャラを踏み台にしてキャラを立てるような脚本じゃないといいんですけど。
ただ一番怖いのは「最近はぷよぷよにも興味津々!」みたいな大義名分を付けて今後のぷよぷよシリーズにも居座られることが一番怖いです。あくまで彼らはテトリスのキャラですからどんなに制作側が愛おしくても「ぷよぷよ」に出すことは勘弁してほしいです。

以上です、長々と失礼しました。
今年も一年良い年でありますよう。


無記名
色々と、
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

Re: タイトルなし
すわさき@管理人
> 色々と、
> ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

…???


やきそばさん、ありがとうございます
すわさき@管理人
ぷよ!!クエACスタッフリスト、ありがとうございます。
早速、データを追加させていただきました!
ゲーム筐体や装飾、デザインを担当したスタッフさんがたのお名前も記録されているのを見て、考えてみれば当たり前なんですが、「へぇー、そうか。そうだよね」と納得しました。

プレイ感想文も期待しております。
勿論、ご無理はなさらなくて結構ですので、気が向かれたらお願いします。


ドラマCDのこと。

>私的にはあまり魔導のキャラとプリンプのキャラを一緒に出した意味はなかったなーという感じでした。結局は魔導は魔導、プリンプはプリンプで仲良くしてる。
そうかな?
ラフィーナとルルーが超息ぴったりで剣呑なことを叫ぶ場面とかありましたし、そうは思わなかったです。
クロスオーバーなお話が二つと、各世界中心のお話が一つずつと。
気を使ってバランスよく作ってるなぁと思いましたよ。

それはさておき、
私は元々クロスオーバーものがあまり好きではないので、元作品ごとに人間関係がまとめられ保たれている方が、ずーっと嬉しいです。そういう人間もいます。すみません(^_^;)

クロスオーバーものの楽しさとは、他作品のキャラと交わらせることで化学変化が起こり、キャラの思いがけない面が現れたりすることだと思いますが、反面、それは元世界の破壊でもあります。
私は了見が狭いので(苦笑)、自分の好きキャラが別作品キャラに過剰に心酔したり、屈服したりする様子は、あまり見たくありません。
そういう意味で、まぐろの魅了能力設定なんかは好きじゃなかったりします。まぐろくんが《ちきゅう》のクラスメートにその力を使ってる分にはお好きにどうぞと思うけれど、好きな魔導キャラやぷよフィキャラに使われるのは、なんかいやだな~なんて。ははは。
結局、魔導キャラとその世界が一番大事なんですよね、私は。(酷い奴でごめんなさい)

>型に当てはめた結果かなあと思います。コンパイルを持ち上げるわけではないのですが、SUNでやさしいの主人公にドラコを持ってきたり、DSのゲームでのアルルだけではなく色々なキャラクターを主軸に添えたゲームは偉大だなと。
私としては、それなりに型を壊してあったと感じました。
シンデレラ役をアルル以外の三人に振っているなんてささやかな所もそうですし。
シェゾとラフィーナの組み合わせで、真面目に語らわせるなんて、今までなかったじゃないですか。

まあでも、感じ方は人によりけりです。
私は別のところに引っ掛かっていましたよー。(^_^;)
シェゾがおにおんが可哀想だ苛めるな~と身も世もなく喚く姿にしょんぼりでしたよ! 優しくなるのはいいにしても程度ってもんがあるだろーと。ははは。


ぷよテトのこと。
体験版も出ましたね。

>ただ一番怖いのは「最近はぷよぷよにも興味津々!」みたいな大義名分を付けて今後のぷよぷよシリーズにも居座られることが一番怖いです。あくまで彼らはテトリスのキャラですからどんなに制作側が愛おしくても「ぷよぷよ」に出すことは勘弁してほしいです。
うんうん、そうですよね!

テトリスは版権が厳しくて、今回コラボしたのは奇跡だみたいに散々言われていたので、心配せずとも今後テトキャラが出張ってくるなんてありえない……と、タカをくくっておりました。
そうしたら、脚本の芳野さんが、ツイッターで、手とキャラは初めて設定から自分で作ったキャラでとても愛着がある、外伝展開は是非やりたいのでセガに要望を出して下さい、と仰っていたので、大げさですが、戦慄してしまいました。

自分の作った新しいキャラで愛着がある……とくれば、言い方は悪いですが、無意識にであろうとも、贔屓されるのは目に見えています。
現時点でも、手垢の付きすぎた魔導キャラにはとても気を使わねばならず、故に使いにくそうで。反面、殆ど手垢の付いていない『7』キャラは楽しげに使い、ほぼ天才・無敵キャラに肥大していますから。

まあ、版権があるから、無理でしょうけどね。…無理ってことにしておいてほしい。
いやマジに。テトキャラたちがどんなに魅力的でも、公式に使うのはここまでにしてほしいです。
ファンは二次創作で使うでしょうから、公式上は惜しまれつつ出せない(出さない)というのでいいんじゃないかなぁ。
魔導のデビルくんとか、そうでしたし。

もしくは、テトキャラを使うなら使うで、ぷよとは無関係に展開させればいいんじゃないかなと思います。
で、五年に一回くらいコラボすればいいんじゃない?

ではでは。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

ぷよクエACのスタッフロールを確認、及び撮影した来たのでつらつら書きたいと思います。(まだなかったはずですよね・・・?)
スタッフロール自体はカスタマイズ画面等で確認できました。


ディレクター
増井 宏

ゲームデザイン
林 智加良

チーフプログラマー
江谷 俊彦

プランナー
畑佐 雄大
福富 浩二
伊藤 隆真
藤山 亨
岩城 潤

プログラマー
前田 健作
山本 宗平
磯 正敏
橋上 秀平

デザイナー
喜多川 昌典
吉田 ちひろ
鈴村 祥子
条 隆志
太田 陵
伊藤 裕子
澪田 晴奈

サウンド
安部 栄基
光吉 猛修

メカニカルエンジニア
田代 智久
富永 麻子
三原 正裕

エレクトリカルエンジニア
矢野 靖人

キャビネットデザイナー
庄井 祥子

プロジェクトマネージャー
藤井 徳人

品質保証
川勝 法史
田中 良寿
森 健太郎

監修
細山田 水紀
三瓶 映
井上 雅之
神戸 祥子

声の出演
菊池 志穂
園崎 未恵
今井 麻美
渕崎 ゆり子
並木 のり子
森田 成一
近藤 佳奈子
名塚 佳織
倖月 美和
佐倉 薫

アフレコ コーディネート
水村 淳一(リマックス)

制作協力
HK1
kazeto
n/substance
NINNIN
Nunohito
TAQRO
青にこ
秋津たいら
ギロチン
くお
齋藤直美
鹿間そよ子
鳴海アラタ
ハトムギ
まあこ
松岡昭雄
皆川史生
ヤミーゴ
株式会社maruco

株式会社セガネットワークス

株式会社オーツー

スペシャルサンクス
小林 正幸
安藤 清史
三橋 慶士
大神 有希子
堀井 寛郎
苗村 一

森田 信尚

山田 高史
浜田 哲弥
飯田 貴行
小林 伸平
加藤 小雪
小田 やよい

清宮 敦嗣
佐藤 直行

飯塚 隆

プロデューサー
西山 泰弘
渡邉 正勝
森山 彩乃


以上です。ちなみにスタッフロール中はぷよぷよのうたピコピコMIXが流れ、ページは手動で。(7頁中後ろ2頁はセガのロゴとALL.Netのロゴでした。)
また、ver1.0時点のものなので現行機ではまた違うところがあるかもしれません。

年末にあったニコニコ生放送によると、レムレス、フェーリ、すけとうだらの追加が確定?したので少なくとも声の出演の欄は増えると思います。

とりあえずは以上で。



あと少々戯言をば…
ACのプレイ感想文も書こうか悩んでるのですがなかなか難しいです。ぷよぷよの上手さと運の良さ、課金が大きく影響するので、ぷよぷよが上手くても課金に抵抗があったり運が悪い人にとってはなかなか火力が出ずに楽しめず、ステージが進むと課金しても連鎖が作れない人には結構苦しいものになるので・・・。
運の良さは課金でカバーできてもぷよぷよの上手さばっかりは「やろうとしないと」どうしようもないので人によっては結構悪い評価をつけるような・・・。
またレア度が火力に直結するので、SRのカード×4で6連鎖、金Rのカード×4で8連鎖とかだと普通に前者の方が火力が出るんですよね・・・。

ドラマCD4を購入しました。まだ聞いてらっしゃるかどうか分からないのでネタバレにならない程度…。私的にはあまり魔導のキャラとプリンプのキャラを一緒に出した意味はなかったなーという感じでした。結局は魔導は魔導、プリンプはプリンプで仲良くしてる。
やっぱり型に当てはめた結果かなあと思います。コンパイルを持ち上げるわけではないのですが、SUNでやさしいの主人公にドラコを持ってきたり、DSのゲームでのアルルだけではなく色々なキャラクターを主軸に添えたゲームは偉大だなと。少なくともキャラファンとしては。

ぷよぷよテトリスの発売も残り一か月を切りましたね。
店などで配られてる販促冊子ではまだ公開されていないテトリス側のキャラ、双子のジェイとエル、お世話ロボットのゼット等も公開されています。
個人的にはサタンさまはともかくシェゾを随分引っ張るなあという印象です。あとリデルは今回も出ないんですかねえ…。
20thのときと比べとにかく情報が少ない。キャラクターの発表ばかりでルールの詳細やどんな機能があるのかもなんだか発売ひと月前にしては露呈が少ない気がします。体験版まだかなあ・・・。
しかし、テトリスキャラ多いなーと思います、まあぷよぷよテトリスですからあんまり少ないとなんだかぷよぷよ贔屓すぎな気もしますけど。7のときのように既存のキャラを踏み台にしてキャラを立てるような脚本じゃないといいんですけど。
ただ一番怖いのは「最近はぷよぷよにも興味津々!」みたいな大義名分を付けて今後のぷよぷよシリーズにも居座られることが一番怖いです。あくまで彼らはテトリスのキャラですからどんなに制作側が愛おしくても「ぷよぷよ」に出すことは勘弁してほしいです。

以上です、長々と失礼しました。
今年も一年良い年でありますよう。
2014/01/11(Sat) 22:48 | URL  | やきそば #-[ 編集]
色々と、
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
2014/01/23(Thu) 21:15 | URL  | 無記名 #bKYe7CQo[ 編集]
Re: タイトルなし
> 色々と、
> ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

…???
2014/01/26(Sun) 11:44 | URL  | すわさき@管理人 #-[ 編集]
やきそばさん、ありがとうございます
ぷよ!!クエACスタッフリスト、ありがとうございます。
早速、データを追加させていただきました!
ゲーム筐体や装飾、デザインを担当したスタッフさんがたのお名前も記録されているのを見て、考えてみれば当たり前なんですが、「へぇー、そうか。そうだよね」と納得しました。

プレイ感想文も期待しております。
勿論、ご無理はなさらなくて結構ですので、気が向かれたらお願いします。


ドラマCDのこと。

>私的にはあまり魔導のキャラとプリンプのキャラを一緒に出した意味はなかったなーという感じでした。結局は魔導は魔導、プリンプはプリンプで仲良くしてる。
そうかな?
ラフィーナとルルーが超息ぴったりで剣呑なことを叫ぶ場面とかありましたし、そうは思わなかったです。
クロスオーバーなお話が二つと、各世界中心のお話が一つずつと。
気を使ってバランスよく作ってるなぁと思いましたよ。

それはさておき、
私は元々クロスオーバーものがあまり好きではないので、元作品ごとに人間関係がまとめられ保たれている方が、ずーっと嬉しいです。そういう人間もいます。すみません(^_^;)

クロスオーバーものの楽しさとは、他作品のキャラと交わらせることで化学変化が起こり、キャラの思いがけない面が現れたりすることだと思いますが、反面、それは元世界の破壊でもあります。
私は了見が狭いので(苦笑)、自分の好きキャラが別作品キャラに過剰に心酔したり、屈服したりする様子は、あまり見たくありません。
そういう意味で、まぐろの魅了能力設定なんかは好きじゃなかったりします。まぐろくんが《ちきゅう》のクラスメートにその力を使ってる分にはお好きにどうぞと思うけれど、好きな魔導キャラやぷよフィキャラに使われるのは、なんかいやだな~なんて。ははは。
結局、魔導キャラとその世界が一番大事なんですよね、私は。(酷い奴でごめんなさい)

>型に当てはめた結果かなあと思います。コンパイルを持ち上げるわけではないのですが、SUNでやさしいの主人公にドラコを持ってきたり、DSのゲームでのアルルだけではなく色々なキャラクターを主軸に添えたゲームは偉大だなと。
私としては、それなりに型を壊してあったと感じました。
シンデレラ役をアルル以外の三人に振っているなんてささやかな所もそうですし。
シェゾとラフィーナの組み合わせで、真面目に語らわせるなんて、今までなかったじゃないですか。

まあでも、感じ方は人によりけりです。
私は別のところに引っ掛かっていましたよー。(^_^;)
シェゾがおにおんが可哀想だ苛めるな~と身も世もなく喚く姿にしょんぼりでしたよ! 優しくなるのはいいにしても程度ってもんがあるだろーと。ははは。


ぷよテトのこと。
体験版も出ましたね。

>ただ一番怖いのは「最近はぷよぷよにも興味津々!」みたいな大義名分を付けて今後のぷよぷよシリーズにも居座られることが一番怖いです。あくまで彼らはテトリスのキャラですからどんなに制作側が愛おしくても「ぷよぷよ」に出すことは勘弁してほしいです。
うんうん、そうですよね!

テトリスは版権が厳しくて、今回コラボしたのは奇跡だみたいに散々言われていたので、心配せずとも今後テトキャラが出張ってくるなんてありえない……と、タカをくくっておりました。
そうしたら、脚本の芳野さんが、ツイッターで、手とキャラは初めて設定から自分で作ったキャラでとても愛着がある、外伝展開は是非やりたいのでセガに要望を出して下さい、と仰っていたので、大げさですが、戦慄してしまいました。

自分の作った新しいキャラで愛着がある……とくれば、言い方は悪いですが、無意識にであろうとも、贔屓されるのは目に見えています。
現時点でも、手垢の付きすぎた魔導キャラにはとても気を使わねばならず、故に使いにくそうで。反面、殆ど手垢の付いていない『7』キャラは楽しげに使い、ほぼ天才・無敵キャラに肥大していますから。

まあ、版権があるから、無理でしょうけどね。…無理ってことにしておいてほしい。
いやマジに。テトキャラたちがどんなに魅力的でも、公式に使うのはここまでにしてほしいです。
ファンは二次創作で使うでしょうから、公式上は惜しまれつつ出せない(出さない)というのでいいんじゃないかなぁ。
魔導のデビルくんとか、そうでしたし。

もしくは、テトキャラを使うなら使うで、ぷよとは無関係に展開させればいいんじゃないかなと思います。
で、五年に一回くらいコラボすればいいんじゃない?

ではでは。
2014/01/26(Sun) 11:48 | URL  | すわさき@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック