「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
いきなり、宿題を作って、自分は宿題を終えられるか試してみようと思ったので。

以下、ばくらが分かる人だけ見てオッケーね。
誕生日なのに暗い。
お粗末さまでしたm(_ _)m
侵食


心が動かない。

景色は他人事めいて、ボクはここにあっても、意識はどこかに遊離している。

ボクと世界の間に見えない断崖があって、その間はだんだんと広くなっている。

教室で友人と笑って話をしている、ボク。

それを違うところから見ている、ボク。

どちらもボクであるのに、なんだか第三者であるみたい。

ボクはボクの意思で行動しているのに、どうしてこんなに現実感がないんだろう。

変なの。と、ひとりため息をついてみる。

こんなことは考えない方がいいのかもしれない。

実際、いろんな物語や歌にも自分を探す旅が溢れている。

ボクが感じている感じもきっとそういうものなのだろう。

ただ、好きなことがあるからボクは幸せだ。

寝食を忘れてしまうような趣味。それに没頭している間だけは、無心になる。

ボクと世界に断崖はない。

だから、幸せだ。




教室で友人と話をしているボク。

第三者の目で見ているボク。

大丈夫。まだボクは世界に溶け込んでいる。


だから、
おまえはいらない。



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
侵食


心が動かない。

景色は他人事めいて、ボクはここにあっても、意識はどこかに遊離している。

ボクと世界の間に見えない断崖があって、その間はだんだんと広くなっている。

教室で友人と笑って話をしている、ボク。

それを違うところから見ている、ボク。

どちらもボクであるのに、なんだか第三者であるみたい。

ボクはボクの意思で行動しているのに、どうしてこんなに現実感がないんだろう。

変なの。と、ひとりため息をついてみる。

こんなことは考えない方がいいのかもしれない。

実際、いろんな物語や歌にも自分を探す旅が溢れている。

ボクが感じている感じもきっとそういうものなのだろう。

ただ、好きなことがあるからボクは幸せだ。

寝食を忘れてしまうような趣味。それに没頭している間だけは、無心になる。

ボクと世界に断崖はない。

だから、幸せだ。




教室で友人と話をしているボク。

第三者の目で見ているボク。

大丈夫。まだボクは世界に溶け込んでいる。


だから、
おまえはいらない。



スポンサーサイト

【2013/09/02 00:01】 | ちゃすか・ゆぎおSS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック