「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
こんばんはー。

>『真夏のこおり姫』『四月のバカ騒ぎ』のシェゾがクズすぎるような(汗)
>あそこで普通に心配しても気持ち悪いだけですがw


ギャグだから。
彼はあそこでああ言わなければならないのです。アルルに吹っ飛ばされるためにッ!
体を張って頑張ってくれたシェゾ君に拍手をー!(ひでぇ)

>そういえば『きたるべき』はサタアル好きさんにもシェアル好きさんにも人気ありますね。(サタアル好きさんがシェアル作品として好きと言ってたり)

そうなんですか。
それは初めて知りました。
嬉しいです。

>個人的にはなんであんなに断ってたサタンと結婚したりルルー説得したのか気になってしょうがないのです。

あの小説をアップした当時、シェアル派の読者さん達の多くが、アルルが可哀想だという感想をくださいました。
でも私は違う考えで書いたので、「あのアルルは、シェゾが死んだ後も様々な体験をして、色んな人と出会い別れて、最終的に自分の意思でサタンを選んだんですよ」とレスした記憶があります。

なんであんなに断ってたサタンを選んだのか? ルルーと同時に妃になることを許容できたのか?
16歳の潔癖なアルルならきっと選ばない。
でも、大人になったアルルはそれを受け入れて幸せを見出せるだけの体験をしたんでしょうね。
恋も色々したのかもしれません。
そんなアルルがいる未来が、無数の世界の中にあってもいいんじゃないかと思いました。
なんかそんな感じです。
スポンサーサイト

【2013/08/12 02:37】 | すわさき・魔導小説レス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック