「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
今回はわざわざ更新告知を出すほどのことはしてないんですが、しばらく浮上してこないと思うので、今のうちに。
「魔導データ館」の『ぷよ!!クエスト』と『~聖魔導~』に関する文章やデータ、『聖魔導』サウンドトラックや特典ドラマCDの情報を更新しました。

『ぷよ!!クエ』については、やきそばさんが拍手コメントで寄せて下さった、AC版ロケテストの情報を参考にさせていただきました。本当にありがとうございます!




しかし、結局パーティリーダーとして使えるぷよキャラって、何人なんでしょうね。
シェゾとかは使えないのかしらん……。
そして予想以上に課金がきつそうだなぁと感じました。地味に、それでいてえげつなくむしり取っていく気だ(笑)。一応、時間が経過すれば「げんき」は回復するとか、「スペシャルスター」を集めれば課金しなくてもモンスター召喚できるとか、救済策はあるみたいですけども。どーなんだろ。

モンスターは全部新規で、可愛い人型のも沢山いる……。
このモンスターたちが、ぷよ本伝に逆輸入されてくることになるのかなぁ。
自分が『ぷよ!!クエ』をプレイできないので、取り残されていく感が強くて、あまり楽しくないです。(^_^;)
まあ、みなさんが楽しく盛り上がるのを指をくわえて見守ろうと思います。



『聖魔導』は、とりあえず特典ドラマCDとサウンドトラックは聴きました。
ゲーム本体はまだ触ってません。

~聖魔導物語~(限定版)~聖魔導物語~(限定版)
(2013/03/28)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


そして、限定版を買った私から、今から限定版を買おうか迷っているというあなたにアドバイスをば。
限定版は買うな。通常版かダウンロード版で十二分です。

目当ての声優さんが喋ってるだけで満足だという熱烈声優ファンの人か、聖魔導のグッズなら爪楊枝でも全て揃えたいというマニアの人でないならば、入手する意味はないと思います。

限定版は「設定原画集」と「スペシャルシチュエーションCD」ってドラマCDが付いて、通常版より二千円くらい高いんですが。設定原画集がしょぼすぎる!!
ものすごく後悔しました。
私は、設定原案画が見たくて限定版を購入したんですけど、ゲーム情報サイトやゲーム誌に出ていたカラーの設定原案画の方がずっとましという有様だったのでした。
ゲーム取説に毛が生えた程度です。

呪われろ、コンパイルハート。(と、思わず思ってしまったよ。)
呪われよ、コンパイルハート。(と、繰り返し思ってしまったよ。)

スペシャルシチュエーションCDもねぇ……。
こっちはタイトル情報見たときから自分の好みじゃないらしいことは推し量れてたんで、まあしょうがないかという諦めが最初からありましたが。
でも、特にプニィ編で、メイドなプニィちゃんに、媚びた声でご主人様だのデートに連れて行ってほしいだの、いつまでもいつまでも、何のストーリーもない落ちも山もないものを、10分超えて聞かされ続けるのは、何の苦行かと思いました。マジに。
ギガディス編は、まだ微かにストーリーラインらしきものがあって、ギャグがこちょこちょ挟まれてたんで聴けましたが。ギガ様って、サタンよりはずっと本気で色男キャラなんですね。これはププルもぐらっと来ちゃうかもしれません。

ププル編は、辛うじてストーリーがあり、一番まともでした。(終盤に、脈絡なく突然デレて変なこと言いだすけど。なんだあれ。)
で、何気に本編の伏線消化(?)っぽいものがありましたね。まだゲームやってないので違うかもですけど。
くぅちゃんのお腹世界は、昔自分が書いた、カーバンクルのお腹にまつわる二次創作小説を思い出したりもしましたが(梅の実を取る話。タイトルなんだったっけ)、それ以上に、うん、昔『少年ガンガン』で連載していた漫画『ジャングルはいつも ハレのちグゥ』。あれの、グゥのお腹の中ってこういう感じじゃなかったっけ?
くぅちゃんも、グゥみたく怪しい生き物なんだなぁ。


#っていうか、この文章書いた後でAmazonのレビューを見たら、私とほぼ同じ感想を書いている方がいらしたんですが、それに「買ったお前が悪いのに文句を言うな」「私は満足しているのに」「お前はもう買うな」的なコメントが沢山ついていて、少し恐ろしく思いました。この声優さんやゲームメーカーには、熱意的なファン団が付いているんですね。


サウンドトラックCDは、よかったです。
バラエティに富んでいて。ゲームの曲として聴いたときどうかはまだ分かんないですけど、CDとして聴いた時は賑やかでよかった。満足♪
くぅちゃんのテーマがすごいです。熱唱ってやつですね(笑)。
聴く前にスタッフ名を見てたんですが、くぅちゃんのテーマは挿入歌のはずなのにBGM扱い(歌詞も載ってない)状態になってて、「?」と思いつつ聴いたら、アレだよ!(笑)
このCDってインディーズレーベルなんですね。
買う側には全然分かんない。立派なCDです。



CDといえば、ぷよぷよのヴォーカルトラックスも出たんですよね。
買ってません。
さわりだけでいいからどっかで視聴できないかな?

しかし、てっきりちゃんと新しくキャラソンを作るんだと思ってたら、これまでのぷよBGMに歌詞をつけたものって。
うーん。
色々仰りたいところがあるんでしょうけども、買い手側としては、どうしてもがっかり感は拭えないです。
なんでこういうCDを出すことにしたんでしょうね。
しかも聖魔導と時期かぶってるし。かぶってなければ手を出したかもしれないのになぁ。

あと、もういい加減「ぷよぷよのうた」から離れてはどうか。
なんでそんなに「ぷよぷよのうた」にこだわるんだろう。素朴に疑問です。
スポンサーサイト

【2013/03/30 01:16】 | はてなどう更新管理
トラックバック(0) |

ぷよヴォーカルも聖魔導サントラも買った者です。
ルイ
すわさき様こんにちは。
私も限定版を買いましたが、あの設定資料集にはガッカリしました(^^;)
私も設定原画集をカラーで見たかったのですが、まさかの白黒orz
シチュエーションCDまだ聞いていないので分かりませんが、男性向けだったようですね(汗)3つ目の特典であるクーシーの着せ替えは可愛いので、アレが手に入っただけでも限定版を買ったのは無駄じゃなかったと思いたいです(^^;)

ぷよぷよヴォーカルトラックスは個人的にはアルルの歌が一番残念でした。理由は歌詞のほとんどが「ららら」と「ぷよぷよ」で占められていたからです(--;)
アミティとシグにはちゃんと可愛らしい歌詞が付けられていたので、旧キャラ派な自分としては「えこひきだ!!」と憤りを感じてしまうところでした(^^;)
でもルルーとウィッチの曲は良かったです。(とくにルルーは)
でも一番がっかりしたのはやっぱりりんごファンの方だと思います。確かに、セガはぷよぷよの歌にこだわり過ぎですね……。

確かにコレを買うなら聖魔導のサントラの方がお得だと思います。

CDのブックレットには(ぷよぷよで)「ライブを開きたいからこのCDを作った」という夢が語られていましたが、コレに収録された曲で開かれても嬉しいような悲しいような、複雑な気持ちです(^^;)

No title
哀霊
こんにちは。
データ館の聖魔導物語の記述を読まさせて頂きましたが、
個人的感想とはいえ、ここのブログで書かれている事とほとんど同じ感想を、
今現在、本編のゲームを触りもしないで記述されるのは正直どうかと思います。

あちらで個人的な感想を記載するならば、きちんとゲームを遊んでからの方がよろしいのではないでしょうか。
ゲーム性より、キャラクターやストーリーの内容の方が気になるとしても、ちょっと現時点であの感想記事はないかなぁと…

ちなみにゲームそのものの内容は結構面白いです。
(VITA本体特有のC2エラーとアイテム消失などの致命的なバグがいつ起こるかに少々びくびくする時がありますが…バグはいずれ修正パッチで直ると思われますので)
不思議のダンジョンとして見ると非常に難易度が甘く、やり込みプレイヤーよりも不思議のダンジョン初心者向けの作りだなぁという感想です。
装備強化といらないアイテムをお供のくうちゃん(なんでも食べさせる事ができる)に活用させる事が攻略のメインなのでわくぷよダンジョンとは全然違いますね。(魔法はあまり使いませんですし)

Re: ぷよヴォーカルも聖魔導サントラも買った者です。
すわさき
こんにちは。
そうなんですよモノクロなんですよ。しかも縮小されててろくに見えない。しょんぼり過ぎでした。
着せ替えは、個人的にさして興味がないので、どうでもよかったりします。
少なくとも二千円かけてほしいような衣装じゃないなぁ。


ヴォーカルトラックス、なかなか良い内容なんですね。
よかったです。
ライブをしたいのか……。
そのうち、ぷよ系のイベントとかでミニライブでもやるんですかね、かつてのコンパイルのように。



Re: No title
すわさき
こんにちは。
うーん。何か問題が?(^_^;)

今データ館で「個人的な感想」と称して書いているのは、限定版特典への不満だけです。
なのでゲーム本編とは何の関係もありません。
特典の感想を、本編を遊ばなければ書いてはいけないなんて法があるでしょうか。いやない。
と思うけどなー?

ゲーム本編がおもしろくても、限定版への感想は変わりませんよ。
それとこれは別の話です。

ああいや、その上に書いてあった、記号を踏襲しただけの新作のようである、ってやつですか?
あれは発売前からずっと書いてある文章なんで、ゲームをプレイしての感想ではないですよ?
ゲームプレイして思うところがあったらまた書きなおすと思います。いつものように。
WEBページなんで、一回書いたら永久にそのままってわけじゃないんですよ。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ぷよヴォーカルも聖魔導サントラも買った者です。
すわさき様こんにちは。
私も限定版を買いましたが、あの設定資料集にはガッカリしました(^^;)
私も設定原画集をカラーで見たかったのですが、まさかの白黒orz
シチュエーションCDまだ聞いていないので分かりませんが、男性向けだったようですね(汗)3つ目の特典であるクーシーの着せ替えは可愛いので、アレが手に入っただけでも限定版を買ったのは無駄じゃなかったと思いたいです(^^;)

ぷよぷよヴォーカルトラックスは個人的にはアルルの歌が一番残念でした。理由は歌詞のほとんどが「ららら」と「ぷよぷよ」で占められていたからです(--;)
アミティとシグにはちゃんと可愛らしい歌詞が付けられていたので、旧キャラ派な自分としては「えこひきだ!!」と憤りを感じてしまうところでした(^^;)
でもルルーとウィッチの曲は良かったです。(とくにルルーは)
でも一番がっかりしたのはやっぱりりんごファンの方だと思います。確かに、セガはぷよぷよの歌にこだわり過ぎですね……。

確かにコレを買うなら聖魔導のサントラの方がお得だと思います。

CDのブックレットには(ぷよぷよで)「ライブを開きたいからこのCDを作った」という夢が語られていましたが、コレに収録された曲で開かれても嬉しいような悲しいような、複雑な気持ちです(^^;)
2013/03/30(Sat) 17:54 | URL  | ルイ #0tc9DoEw[ 編集]
No title
こんにちは。
データ館の聖魔導物語の記述を読まさせて頂きましたが、
個人的感想とはいえ、ここのブログで書かれている事とほとんど同じ感想を、
今現在、本編のゲームを触りもしないで記述されるのは正直どうかと思います。

あちらで個人的な感想を記載するならば、きちんとゲームを遊んでからの方がよろしいのではないでしょうか。
ゲーム性より、キャラクターやストーリーの内容の方が気になるとしても、ちょっと現時点であの感想記事はないかなぁと…

ちなみにゲームそのものの内容は結構面白いです。
(VITA本体特有のC2エラーとアイテム消失などの致命的なバグがいつ起こるかに少々びくびくする時がありますが…バグはいずれ修正パッチで直ると思われますので)
不思議のダンジョンとして見ると非常に難易度が甘く、やり込みプレイヤーよりも不思議のダンジョン初心者向けの作りだなぁという感想です。
装備強化といらないアイテムをお供のくうちゃん(なんでも食べさせる事ができる)に活用させる事が攻略のメインなのでわくぷよダンジョンとは全然違いますね。(魔法はあまり使いませんですし)
2013/03/31(Sun) 12:34 | URL  | 哀霊 #-[ 編集]
Re: ぷよヴォーカルも聖魔導サントラも買った者です。
こんにちは。
そうなんですよモノクロなんですよ。しかも縮小されててろくに見えない。しょんぼり過ぎでした。
着せ替えは、個人的にさして興味がないので、どうでもよかったりします。
少なくとも二千円かけてほしいような衣装じゃないなぁ。


ヴォーカルトラックス、なかなか良い内容なんですね。
よかったです。
ライブをしたいのか……。
そのうち、ぷよ系のイベントとかでミニライブでもやるんですかね、かつてのコンパイルのように。

2013/03/31(Sun) 16:55 | URL  | すわさき #-[ 編集]
Re: No title
こんにちは。
うーん。何か問題が?(^_^;)

今データ館で「個人的な感想」と称して書いているのは、限定版特典への不満だけです。
なのでゲーム本編とは何の関係もありません。
特典の感想を、本編を遊ばなければ書いてはいけないなんて法があるでしょうか。いやない。
と思うけどなー?

ゲーム本編がおもしろくても、限定版への感想は変わりませんよ。
それとこれは別の話です。

ああいや、その上に書いてあった、記号を踏襲しただけの新作のようである、ってやつですか?
あれは発売前からずっと書いてある文章なんで、ゲームをプレイしての感想ではないですよ?
ゲームプレイして思うところがあったらまた書きなおすと思います。いつものように。
WEBページなんで、一回書いたら永久にそのままってわけじゃないんですよ。
2013/03/31(Sun) 17:03 | URL  | すわさき #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック