「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
ナラカの拍手を押してくださった方、ブログ拍手でコメントくださった方、ありがとうございました。

『ツインブレイブ』の体験版を遊んでいます。
戦闘へたっぴなもんで、戦闘に特化したこのゲームは難しそうだなぁ・面倒くさそうだなぁと、および腰になっていたんですが、遊んでみたら思っていたより簡単で、少なくともステージクリアできないなんてことにはならなかったので、ホッとしました。

といっても、へたっぴな私は華麗なクリアなんて出来ません。
ステージクリアのリザルト画面では、たいてい「お前がしっかりしねーから!」「すまない。俺がもっとしっかりしていれば…」と、ガイとルークがギスギスしています。絆値が33以上になった試しがなく、「俺が面倒をみる必要はないな」と言われたことが一度もありません。(^_^;)

戦闘中も、やたらとガイに「傷を負ったのか」と心配され、「すまない、俺がもっとしっかりしていれば…」と謝られているのでした。「ここは俺に任せて、退がっていてくれ」と懇願されたことも一度や二度ではありません。
(私のせいなんだけど)ガイ兄さん謝り過ぎ。
「だーっ、うぜーっつーの! いちいち謝ってんじゃねーよガイ」とルークなら言いそうです。

しかし、敵にふっとばされてきたガイに背中からぶち当たられてルークまで吹っ飛ばされ、HIT数が途切れた時は、謝れコンチクショーと思いました。

ツインプレイブモードの時に空中奥義を出すと、なんか楽しいですね。一緒にジャーンプ! で一緒に必殺!
連携秘奥義の時は、(壁際に追い込む技量が私にないので、)大抵ルークの超振動で敵がどっかに吹っ飛んでしまい、誰もいないところでガイ兄さんが無駄にカッコよくワンマンショーしています。
敵のところまで任意で移動出来たらいいのになぁ。


そんなこんなで華麗さにほど遠いプレイをする中、せめてガイの顔でもじっくり見てやれと思い、ルークをガイの正面に回り込ませてじっとさせてみました。
いや、そんなことしてもプレイヤーにガイの顔が見えるわけじゃないんですけど、感覚的になんとなく。

すると、ガイがサッと顔を背け、背を向けたではありませんか。あれっ?
慌てて前に回り込み直しましたが、またもや。
グギー!
何度やっても背を向けられます。絶対ルークと目を合わせてくれません。

ああ、つまりこのゲームのガイは、ルーク(相棒キャラ)が一定以上近くにいると、背を向けて守るポーズをとるようプログラミングされてるのね。

それは推測できましたが、なんかこー(苦笑)。
ルークが「なんで俺の顔みねーんだよ!」とブチキレてそうな気がしました。ははは。

なんにしても、製品版が楽しみです。
スポンサーサイト

【2012/02/14 19:00】 | テイルズ系の話【レス含】
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック