「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
「魔導データ館」、魔導大事典を更新。
「虎の穴」に、まぬさんの「らっきょを探せ!!!」「ぷよぷよについての件byアルル」「ようこそ過去の時代へ・・・・」オリキャラ設定と、連載第一回をアップ。

投稿ありがとうございます。

まぬさんには四件ご投稿いただき、三件目に名前を「ありさ」に変えるとありましたが、その後も「まぬ」で通しておいでなので、その名でアップいたしました。問題がありましたらご連絡ください。
3DSで、保存なしのご投稿とのことで、何気にすごいです。


------------------

魔導キャラファイルの修正作業をじわじわやっています。
まだやってんのかよ! と言われそうです。(^_^;)
完成はまだ先です。

元は、ふとサファリで見たら表示が崩れてたんで、今後はiPadやiPhoneで読む人も増えるかもしれないし直しとこう、ついでに色々古くなってるから、ちょこちょこっと修正しておこうと思っただけなんですけども。

あれもやろうこれもやっとこうと思っちゃったのが運のつき。(でも多分、見た目はそんなに変わらない)

魔導キャラの出るゲームって、タイピングソフトやぱちぷよ、スロット、びんご等を除いても、65本以上あったんですね。
流石に色々忘れてたんで、ちまちま確認してデータをとったりしてたんですが、数えてみてびっくり。
最も登場回数が多いのはカーバンクルでした。
シェゾは、実はドラコやたらと登場回数は同じ。
ルルーはそれより少ないけど、主役・ラスボスを務めた回数がシェゾより多い。
シェゾって、ラスボス回数は少ないんだなぁ…。基本、中ボスなんですね。この人。

公式本『魔導大全』がフォローしてるのは、実質1995年まで。
しかも、時々間違ったデータを載せて騙してくるので油断なりません。
(『魔導大全』に、MSX2版魔導のアイテム「パノッティの笛」について、移動中に吹くと敵が踊りながら現れると書いてあって、頭から信じて魔導アイテムにも記載してたんですが、今回、ついでに確認してみたらば、これって移動中には使えないアイテムでした。…う、嘘!? なんでこんな嘘をぉお。騙されてたよぉお、くうぅ。)

それでも、魔導系の調べ物をするときには有り難い大全。
これ以降のデータは自分で確認しないといけません。
i-mode魔導など、寄稿していただいたデータがとても役に立っています。ありがとうございます。

そんなこんなで無駄に時間を食っています。
シェゾの闇の剣のデザイン違いをイラストに起こして一覧作ってみたら、なんかバカでかい絵になったりとか。
バロメッツがPC-98版でも痛いの嫌いか確認するためアイテム差し出してくるまで延々戦ってみたりとか。
ゴーゴンに風邪をうつすために延々フロアをさまよってみたりとか。
でも時間ないので、どれも半端にしか触ってないとゆー。うーむ。
こうして作った一部のデータは何週か前から、無告知でデータ館にアップしてます。告知するほど立派なデータじゃないので…。
MSX2DS魔導・PCE魔導・はちゃめちゃの魔物データとか。

そんなこんなでPC-98版魔導を触ってた時のことです。
今は閉鎖しているコンパイル系攻略サイトさんで、このゲームのとても詳しい攻略をやっていたところがあって、確かそこの記事に、PC98魔導2で起こるバグに関するページがあったと思うのですが。
ゲームを進めてからライラの迷宮1Fに戻ると画面がバグってシェゾの地下牢に戻ってしまう、という。

その状態に自分が陥りました……。
ライラの迷宮最深部直前から引き返して1Fのヨヨヨの店で買い物して、店出て振り向いたら、一瞬で地下牢にワープしてた…。
うぉう。
その記事で、普通に進めてもう一度シェゾを倒せばライラの迷宮に戻れると解説されてたので、ビビらずに済みました。ありがたやです。

で。
レベルの高い状態で地下牢に戻ったって事は、アレができるんじゃありませんか!
そう、魔物にジュゲム撃つ! しかも回復のお風呂があるから撃ち放題。
ファイアーで燃えるかアイスストームで凍って粉々になるかの死にざましか殆ど見られないリュンクスや人犬の、それ以外の死にざまを好きなだけ見られるということですよ。人犬なんか身体を引きちぎって八方に四散させ放題ですよ。

そのように楽しんでから(・・・)、シェゾのところへ。
通常なら、PC-98版のシェゾは序盤の中ボスとして結構強敵なので、遊んで戦う余裕はありません。でも、ラスボス直前まで進んだアルルにはへでもない。
というわけで、ブレインダムドで遊びました。

ご存知のように、PC-98魔導123では、ブレインダムドかけると敵の台詞がフガフガになっちゃう。
また、ブレインダムドはかかり具合が二段階あって、最初から深くかかる敵とそうでない敵がいますが(台詞も変化します)、シェゾはかかりやすいタイプでした(笑)。
意外に魔法抵抗力弱いのか。それとも、元からぷ―だって意味なのかな。

フガフガと「ハレヒハード」「ハレヒハードフペヒャル」を放ち「闇ほ剣よ」「切れ裂れっ!」ちゃうシェゾと戦って、えいやっと首を切断。

それにしても、の―みそぷ―であろうがなかろうが、頸動脈が切れて血が噴き出しても慌てず治療もせず、首が落ちるまで激しく戦い続けるシェゾはヘンだと思います。痛くないのかなー。
つーか、魔導水晶(ばたんきゅーすると自動的に復活させてくれるアイテム)持ってるくせに、何故作動しないのか。
・・・やっぱ、実はばたんきゅー(首切断)はしてなくて、イリュージョンだったのかしらん。
それか魔導水晶が不良品か。でも、拾ったアルルには普通に作動するのですよね。

さて。
切断された首が「ゆ る さぬ… 許さぬぞ!」と闇の中に舞い上がって、二回戦目突入になる演出も懐かしい。のだけど。
なんと、ここに至ってもブレインダムドが有効で

「ゆ る はふ… 許はふぞ!」

と、血まみれの首がおどろおどろしく言ったので、大変ウケました。なんじゃこれ(大笑)。


やっぱりオリジナル魔導は楽しいなぁと思います。
スルメのように、一度遊んだ後 戻って噛みしめてみると味わい深い。


↓出演キャラチェックのために、ものすごく久しぶりに『わんだふりゃ魔導らんど』を起動しました。

わんだふりゃ魔導らんど タイトル画面

ええ、すけとうだらの《中の人》がシェゾだという衝撃の事実が明かされる、あのゲームです。(誇大表現)
声優さんとかのことじゃなくて、シェゾが実は着ぐるみだったすけとうだらの中から出てくるとゆー…。どーでもいい話ですね。

↑上のタイトル画面の画像、クリックすると、このゲームに出てくるサタン様の画像が出ます。(サイズが大きいのでご注意)
サタン様の使ってるのって何弁なんでしょうか?
このゲームのサタン様はびっくりするくらい激弱いです。そして顔芸。

色々懐かしい。
それはともかく今眠い。
文章がいつにもまして支離滅裂かと思いますがご勘弁を。
レス等は明日。(日付的には今日?)
スポンサーサイト

【2011/11/22 00:57】 | はてなどう更新管理
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック