「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
>夏の琥珀の続きをかいてください!!

コメントありがとうございます!
夏の琥珀はあれで終わりなので、特に続かないです。ごめんなさい。


>久しぶりに『きたるもの』読みました。

こんばんは。
コメントありがとうございます。
はい、あのアルルは、(真面目な意味で)色々経験して大人になっちゃったアルルですね。
見た目通りの年齢ではなく、多分、魔王の妃としてそれなりに年経てもいます。

>そう言えば、未来のアルルの「……でもね。あの頃のボクは全然解っていなかったから。キミが、本当は――」と言い掛けた事はなんなのか気になりました。

キミが本当は、そんな死にたがり屋だったなんてとか人生諦めてたなんてとか、何も解ってない奴だったなんてとか。何か酷いですが、要約すれば「キミが本当は救いようがないほどヘタレだったなんて」って事になるんでしょうか。もっと酷い(^_^;)

魔導小説に『螺旋』というのがありますが、『きたるもの』はそれのパラレルストーリーと言ってもいいです。
『きたるもの』の方では、多分シェゾはほとんど即死したんじゃないかなー。多くを語らずに、まんまと死んだのでしょう。
だから当時のアルルにはシェゾが何考えてたか最後まで判んなかった的な。

でも、心の引っかき傷にはなっていたと思います。
協力して戦ったり、何かを競いあったりしたこともある、彼女の中では単なる敵とはもう違うカテゴリに属する人だったから。

今の彼女は魔王の妃して充分な力と知識を持っていますので、無数のパラレルワールドが別に存在し続けることを知っている。(過去を変えても自分の現在には影響しない。)
出来る限り過去に干渉すべきではない、というのが基本なんですけど、シェゾが生きて、未来を見つけられる世界があってもいい、あってほしいと願ったんだと思います。それでちょっぴり禁を破ってシェゾの記憶を消さなかった。
…逆に言うと、シェゾが救われるかどうかは、シェゾ自身がどうするかによってでしか決まらない、と彼女は考えているのでした。


>並行で書かれてた『すき。』の続きがこのお話だとしたら、アルルにとって鬱まっしぐらですね。


『すき』は完全パラレルで、『きたるもの』とは全く関わらないです。
普通のカップリング小説みたいなものを無性に書いてみたくなりまして…。
あれはあれで書くのが楽しかったです。

…繋がってたなら不幸すぎますね。
そんなに好きな、「好きだと自覚している」相手を殺すなんて。
おうおう(涙)。それはとても哀しいのであまり考えたくないです…。(ヘタレ)

>日記のメルフォ返信(2010年1月)で書かれてた「ハッピーな結末」なシェゾも見てみたいものですが。
>…彼にとっての「ハッピーな結末」が何なのか解りませんが。アルルの魔力吸収?世界一の魔導師??
>『イクリプス』みたく、アルルを壊す事だったら凹みますが。


闇の魔導師に相応しく、友も恋人もなく孤独の中に佇んで、ただ破壊と掠奪を行い、最強の魔導師になるという当座の目標以外、何もない。未来が見えなくてさまよい続けるだけ。いつかどこかでの横死によってのみ終わることが出来る、空っぽの闇の人生。

そうじゃなくて、人並みの人生があってもいいんじゃないかなぁ、と。

友達がいて、好きな人と一緒にいて。家庭も持ったりして。
破壊や略奪以外の方法で魔導の道を極めたり、何かの目標を持ったり。未来を見ることができる。
最後が横死になるのだとしても、「捨てたもんじゃなかったな」と思えるような。
それが「ハッピーな結末」というつもりでした。月並みでスンマセン。(^_^;)

『グリーン・グリーン』で、おっさんが死ぬ時「ここが俺のグリーンなんだ」と思う場面を書いてますが、そういう感じです。あの人の人生は客観的に見ると負け組の哀れな閉幕でしたが、最期にシェゾが彼のために真剣に泣いてるのを見て、自分のやってきたことは無駄じゃなかったなと思った。そして満足したのです。
人生の中でそんな場面を持てること。それこそがグリーンなんだ、と。

シェゾにもグリーンを見つけてほしいなぁ、というのが私の妄想です。
で、出来ればアルルの存在が導きになってくれたらいいなぁ、なんて。
アルルが「救ってくれる」んじゃなくて、アルルによってシェゾ自身が変わる、ような形で。

>そういえば、新作の『ぷよ!!』シェゾの扱い良くて安心ですね。『7』だと悪すぎてどうなるかと思ってましたけど。

私は相変わらず『ぷよ!!』はプレイしてませんが、そうらしいですね。
今回のシナリオライターさんはシェゾを気に入ってくれてるんでしょうか。
前作『ぷよ7』でシェゾとアルルの絡みが全くなかったのはやっぱり詰まんなかったですから、凄くいいことだと思います(笑)。
また次回作でも、シェゾの出番とアルルとの絡みがあってくれるといいですね。
スポンサーサイト

【2011/08/17 08:52】 | すわさき・魔導小説レス
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック