「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
サザンカ(白)

山茶花[サザンカ] Camellia sasanqua
別名:姫椿[ヒメツバキ]、小椿[コツバキ]、ヒメガタシ、コガタシ

ツバキ科ツバキ属の常緑小高木。花期は晩秋から冬。
インドネシア、中国、台湾、日本等に分布。日本では、山口県・四国・九州に自生しています。
この属は本来、熱帯~亜熱帯産で、日本自生種は温帯に適応したのであり、山口県が自生の北限なのだそうです。南の植物なのに冬に花が咲くのは不思議な感じ。
栽培種が数多く、花色はピンクや白など様々。生け垣に好んで用いられます。

サザンカ(ピンク)

別名も示しているように、同属の椿[ツバキ]によく似ています。
見分けるポイントは以下。

・サザンカの方が、ツバキよりやや早い時季に花が咲き始める
・サザンカの子房(雌しべの根元の膨らんだ部分)には毛が密生している
・サザンカは散ると花弁がバラバラになるが、ツバキは繋がったままポトリと落ちる

サザンカとツバキは、日本では古くは殆ど区別されていなかったようです。
実は「山茶花[サザンカ]」という中国由来の名前そのものが、ツバキと混同された故のもの。
本当はツバキの中国名が「山茶花(山茶)」で、サザンカの正しい中国名は「茶梅」でした。取り違えられたまま定着したようです。
ともあれ、「山茶花」を「さんざか」と読んでいたのが訛って、現代の「さざんか」になったと言われています。

では、中国の名前が伝わる以前の、日本古来の名は何だったのでしょうか?
「カタシ」だったのではと言われています。
四国から九州にかけての方言でそう呼ばれており、各地方で少しずつ差異があります。「カテシ」「カタカシ」「カテイシ」など。

ところが、ここにもまた、ツバキとの混同があります。
「カタシ」はツバキを指すという地方もあるのです。
その場合、サザンカの方は「ヒメカタシ」「ヒメガタシ」「コカタシ」「コガテシ」などと呼ぶのでした。サザンカの方がツバキより葉が小さいので《ヒメ》や《コ》を付けるようです。

「カタシ」の由来は諸説ありますが、どれもサザンカの木質の硬さに帰結します。カタシとは「硬枝」のことであるとか、実の硬さから「硬し(硬い)」だとか。

硬い材はツバキのそれと同様に、農機具の柄や細工物に使われたり、南九州では炭焼きの素材とされました。
また、南九州では実から油を搾りますが、これを「ツバキ油」としています。古くからのまま、ツバキとサザンカを厳密には区別しないようです。


サザンカの花言葉
謙譲、謙虚
困難に打ち勝つ、ひたむきさ、ひたむきな愛、理想の恋
愛嬌




茶の花

茶の木[チャノキ] Camellia sinensis
別名:目覚まし草[メザマシグサ]、草人木[ソウジンボク]

ツバキ科ツバキ属の常緑低木。花期は晩秋で、サザンカやツバキより三回りも小さな花を、自信なさげに俯[うつむ]いて咲かせます。
中国南部原産と言われ、嗜好飲料「茶」の原料として、中国からインド、日本など、世界の広い地域で栽培されています。

そう。「お茶」は、実はツバキの仲間だったのでした……!
花は小ぶりのサザンカという感じで、実もツバキやサザンカに似ています。「ツバキ油」を搾ることも可能。

先に、「山茶花(山茶)」は本当はツバキの中国名なのだと書きました。
同属のうち、山に好きに生えて華やかに花の咲くモノが「山茶」ならば、花は小さいが有用薬草として人里で栽培され続けてきたのが「茶」です。

ご存知のように、初夏に若葉を摘んで加工し(炒る、蒸す、天日に干す、発酵させるなど、方法は様々)、煎じ汁を飲用します。葉を発酵させた場合は紅茶となり、半発酵茶にはウーロン茶などがあります。

茶は、古代から中国で薬草として用いられてきました。
元は菜として「食べて」いたようで、汁の具にしていたようです。今でも、ミャンマーやインドの一部では茶葉を煮てから漬けものにして食べるそうですし、日本にも茶粥など色々ありますよね。

煮て汁の具にする茶を「苦荼[クト]」と呼びましたが、これは茶だけではなく、苦みと薬効のある数種の植物(ニガナ、ノゲシ、チガヤの穂、オギの穂など)全般を指していたようです。
ともあれ、苦みのある草ということから、苦いという意味の「余」に草かんむりを付けた「荼」という漢字が出来、唐代に簡略化し「茶」として、これがチャだけを示す専用の漢字になったのでした。

古代中国では、茶葉を蒸してから搗いて団茶とし、火で炙って削って、煎じて飲みました。ネギやショウガや陳皮(干したミカンの皮を砕いたもの)を加えるとか、いや塩以外を入れるのは邪道だとか、色々な流儀があったよう。

チャノキが日本に伝わった時期は定かではありません。遣隋使・遣唐使が持ち帰ったのが最初ではないかと言われていますが、飲用の定着はしませんでした。
今の日本茶のルーツは、1191年、臨済宗の開祖・栄西が宋から持ち帰って長崎や佐賀に植えたチャノキの種子だと言われます。
茶は長く高級品でしたが、江戸時代頃に大量生産が可能になり、現代のように一般に広まったのだそうです。お百姓さんありがとう。

なお、茶がまだ高級品だった頃の日本では、あくまで薬湯として使われていたようです。戦の時、眠気を覚ます強壮剤として兵に配ったとか。
確かに、茶にはカフェインが含まれますから、覚醒作用がありますよね。
別名中に「目覚まし草」とありますが、薬効そのまんまです。

ところで、別名に「草人木」とあるのは、何のことだと思いますか?
これが載っているのは江戸時代の『本草綱目啓蒙』ですが。
「草人木」。草かんむりの下に人、更に下に木と書くと。そう。「茶」という字になりますよね。これは茶人たちが使っていた隠語なのだそうです。当時のオシャレな言い変えだったんでしょうか。


チャノキの花言葉
追憶
純愛




関連記事
 この花なんだ【ヤブツバキ】
スポンサーサイト

【2011/01/17 22:36】 | すわさき・その他
【タグ】 この花なんだ  
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


「カキ」の方に
MAERZ
つけるつもりだったのに間違えました…(-_-;)

柿の花言葉
すわ@管理人
こんばんは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

>「私を自然の中に埋めてください」
おお。神秘的なような妖しいような。
そういえば、ネットで検索した時そんな感じの長いのがあった気がします。
なんとなくヤバい気がしたので見なかったふりをして避けたとゆー。(えー)

でもどうして柿で「自然の中に埋めて」なんでしょうね。
クルミならまだ解る気もします。(リスが埋めるから…)


お仕事お疲れさまです。MAERZさんもご自愛ください。
つたない記事ですが、息抜きの一つにでもなれたら嬉しいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/01/20(Thu) 20:00 |   |  #[ 編集]
「カキ」の方に
つけるつもりだったのに間違えました…(-_-;)
2011/01/20(Thu) 20:04 | URL  | MAERZ #0QoUdE.g[ 編集]
柿の花言葉
こんばんは。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

>「私を自然の中に埋めてください」
おお。神秘的なような妖しいような。
そういえば、ネットで検索した時そんな感じの長いのがあった気がします。
なんとなくヤバい気がしたので見なかったふりをして避けたとゆー。(えー)

でもどうして柿で「自然の中に埋めて」なんでしょうね。
クルミならまだ解る気もします。(リスが埋めるから…)


お仕事お疲れさまです。MAERZさんもご自愛ください。
つたない記事ですが、息抜きの一つにでもなれたら嬉しいです。
2011/01/21(Fri) 20:37 | URL  | すわ@管理人 #r.0hNWwI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック