「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
ダルダルな日記ではございますが、本年もお付き合いくださりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

で、さらによろしければ拙いものではございますが、ゆぎおSS、どーぞ。
 永遠と偶然

 冬の空は澄み切っている。
 地上の明かりが煌々と照らす中でも、目が慣れれば、星の輝きを見つけることができる。
 はぐれないように友人たちの服を掴んで、人の流れに沿っていく。
 みんなの声も人のざわめきで上手く聞き取れない。
 人ごみの中で新鮮な空気を得るために空を仰いだ。

 一瞬の清涼な空気とともにようやく見つけた星の光が、ボクの目に触れたのは星が光を発してどれくらいの時が経ってのことだろう。
 そういえば。
 この星が生まれて46億年が経っているという話を聞いたことがある。
 この星の寿命を現在年齢に換算した上で1年と例え、その1年の中で人類の誕生は12月31日、それも遅い時間だと聞いたことがある。
 その一日にも満たない時間に人類はこの星の環境に多大な影響を与えているのだ、…と。

 足元もおぼつかないまま、ボクは必死に服を掴んでついていく。
「大丈夫か」声が聞こえた。「うん」とボクは応える。
 ボクは現実世界に目を戻す。

 星の一生を人間の一年に例えたら、この星の12月31日、人の世界では3千年という一瞬にボクらは出会い、宿命の糸を絡ませ解いていったのだ。
 その間に、星は瞬きをひとつくらいはしたのだろうか。

 星にとっては、あいつとボクの出会いもほんの一瞬の出来事、3千年という間は儚く、星にとっては同じ時間に凝縮されたものなのだろう。ボクたちはとても密度の濃い存在なのだ。
 星にとっての一瞬をあいつもボクも本気で一生懸命生きてきたんだ。
 と、大声で誇れるように。
 ボクとあいつが出会ったのは、偶然ではなく必然。
 当たり前のことだったんだ。


 12月31日、学問の神を祭る神社の参道は思っていた以上に込んでいる。みんなとともに夢がかなうように願いに来たのだ。ボクは”とりあえず”大学合格。留学、就職、進学、それぞれに目の前の現実の最初の一歩を踏み出すために祈るのだ。
「そで振り合うも他生の縁」
 ボクたちはそでを振り合うどころか、身を寄せ合って歩いている。離れないように、はぐれないように。
 新しい年が明ける瞬間をともに過ごすために。
 大勢の人が今ここにいる。
 人類の誕生がこの星にとってわずか数分数秒のことだったとしても、今生きてここにいるそれがすべて。
 おめでとう。新しい時。
 永遠の一瞬。
 巡り合ったのは偶然ではなく必然。
 ほんの数秒の混ざりあう時間。
 ボクたちにとって変わることのない永遠。
 過去も未来もつながり続ける。
 すべては現実。
 誰にとっても時間は同じ方向に流れている。
「あけましておめでとう」
 改めて、遊戯君が笑って手を差し出した。
「あけましておめでとう」
 差し出された手を握り、ボクは笑った。
 瞬きひとつ分の命ならば、笑って生きるほうがいい。
 憎しみあうことしかできなかったボクたちの相棒のためにも。


 雑踏が現実であるように。
 雑踏の中では、思いにふけることもできる。

 歴史を見れば、何十年も何百年も何千年も、ただひとつの瞬き。
 現在を生きる自分たちにとっては過去でしかない。
 今ですら過去になっている。
 幾多の喜びも悲しみも憎しみもさまざまな感情を人が紡いできたとしても過去でしかない。
 ボクがここに辿りつくまでのすべてが過去でしかない。この一瞬ですら。
 過去と現在(いま)と夢を紡ぎながら、生きている。
 出会いは偶然ではなく必然。
 凝縮された時間の中をボクたちは必死に生きている。

 凝縮された時間の中で出会うのは必然。
 ボクたちはまた何度でも出会う。
 だから。

 過去からボクまでの道標を付けておこう。
 おまえがもう二度と迷わぬように。

 終


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2010/12/31 23:00】 | ちゃすか・ゆぎおSS
トラックバック(0) |
今年一年、ナラカを見てくださってありがとうございます。
よいお年をお迎えください。

--------------

最近PS2のゲーム『魔界戦記ディスガイア2』をプレイしています。
買ったのは発売当時だったんですが、最終章で詰まっちゃって、色々鬱屈もあって放棄していたのです。
もう一度起動して無事クリアして、今はちまちまとレベル上げをやっています。エトナとラハール(レベル1000)に勝つエンディングを見るのと、ティンクをレベル1000にするとみられるとかいうエンディングを見るのが目標。

…とか言う話を何故テイルズカテゴリで書いているのか、と首を傾げられてると思うんですが、一つは、エンディングのスタッフロールを見ていたら、このゲームのOPアニメを作ったアニメ会社がUFOテーブルだったことを今さら知ったので、そーだったんだー、と。

ご存知の通り、この会社は『テイルズ オブ シンフォニア』OVAを手掛けていて、来年出る新作『テイルズ オブ エクシリア』のアニメパートに大抜擢され話題になったわけで。
いや単にそれだけなのですが。(^_^;)

#どーでもいいけど「エクシリア」ってものごっつ覚えにくい。「エクリシア」とか「イクシリア」と言いそうになっちゃいます。

で。もう一つ。
このゲームにティンクという、空飛ぶちっちゃいカエルみたいな変な小魔物が出てきます。道化ポジションで二重人格で、たいへん性格の悪い色モノキャラなのですが。
このキャラの声優が、『アビス』のルークと同じ人です。

そんなわけで、プレイしていてこのキャラが「死んでください」とか「ケロッ」とか、変な戦闘ボイスをあげるたびにビミョーな気分になっているのでした(笑)。

ディスガイアシリーズでは、この声優さんはずっと色モノ担当になってますよね。『4』でもそうなんだろーか。

ノーマルエンディングを見る限り、ティンクの正体は金髪の美青年なのかな?


----------

ナラカの拍手を押してくださった方、ありがとうございます!

【2010/12/31 17:14】 | テイルズ系の話【レス含】
トラックバック(0) |
「魔導データ館」、魔導大事典を更新。
「虎の穴」にMINAMIさんの「ミルと欲望と闇と…」第3話をアップ。

投稿ありがとうございます。

----------

今日はすごい雪です。昨日買い出しに行っておいてよかった。
朝から(厳密には昨日から)延々とおせち作りやら年越しそばや雑煮用の出汁取りやらをやっていました。くたびれた。

それにしても一年過ぎるのが早い。
早いけれど、色々あったなぁ。

今年一年、はてなどうを見てくださってありがとうございます。
皆さま、よいお年をお迎えください。

【2010/12/31 16:50】 | はてなどう更新管理
トラックバック(0) |
初日初回に観に行ったのは、はじめてかも。いつもは上映が始まってちょっと日にちが経ってから観に行くのですが、観に行ける日が、今日しかなかったもので。
相棒2
続きはいつかなぁ。
というのが、観た直後の思いだったり。
もう一回みたいですにゃ。
シーズン9で姿見ないと思ったら…。

【2010/12/23 20:15】 | ちゃすか・感想
【タグ】 映画の感想  
トラックバック(0) |
家族の人たちが年賀状を書いたよー!といって私に早く書くようにとプレッシャーをかけてきております。
まあ、1月1日に届くようには書くつもりですが。
それはともかく、送ってもらう側としては、写真つきの場合、子供の写真だけじゃなく家族写真だとか、家族プリクラだとか本人プリクラだとかだとうれしいなぁ。
だって、はがきを送ってくれた本人の顔を忘れてしまいそうだもの。
ん?
そーなると私もプリクラを貼って送るべきか?
今は、こんな顔になってますってねv

【2010/12/22 20:37】 | ちゃすか・その他
トラックバック(0) |
「魔導データ館」、魔導大事典を更新。
「虎の穴」にMINAMIさんの「ミルと欲望と闇と…」第2話をアップ。

投稿ありがとうございます。

----------

今日は暖かくて過ごし易かったです。

それはそうと、『Vジャンプ』の表紙に出てた『遊戯王』の新主人公らしい人を見ましたが、髪型が新境地へ到達していたような。

【2010/12/20 19:52】 | はてなどう更新管理
トラックバック(0) |
コンサートチケットが届いたのですv
自分の知っているホールで考えたら、とても良い席が取れていると思うのですが、今回の会場ではその思い込みが通じるのか?
体力を(今更だが)つけなきゃ。
狙いは紙コップとテープだな。

【2010/12/20 18:37】 | ちゃすか・その他
トラックバック(0) |
5でぃーずが始まる時も思ったけれど、今度こそ世界観についていけるか、不安。
そういえば、ジーエックスの時も同じことを思ったか…。

【2010/12/19 20:39】 | ちゃすか・その他
トラックバック(0) |
テイルズオブシリーズの15周年記念新作の情報が発表されてますが、その脇で書籍の情報が幾つか出てますね。

●『ビバ☆テイルズ オブ マガジン』(アスキー・メディアワークス)
 2011年2月より毎月刊行予定
●『15周年記念 公式設定資料集(仮)』
※シリーズ全体の本。初公開の設定資料が載るとのことですが、アビスのがあるかは不明
 2011年春発行予定

テイルズオブマガジンが復刊するという噂は流れてましたが、これのことだったのかー…。
流石にもうアビスのコミカライズはないでしょうけども。(パロ四コマくらいはあるかな)

もしコミカライズがあるなら14、5歳くらいの頃のガイの話が読みたいです。
ニッチ過ぎてあり得ないですけど(笑)。

『テイルズ オブ エクシリア』は藤島&いのまたデザインのW主人公! 発表会レポ(電撃オンライン)

【2010/12/15 22:01】 | テイルズ系の話【レス含】
トラックバック(0) |
最近お気に入りのアニメは、日曜の夕方にやってるロボットファンタジーアニメ「STAR DRIVER 輝きのタクト」です。
半月くらい前にたまたま見たら面白い。で、ネットのバンダイチャンネルでそれまでの放送全話が期間限定で無料配信されていたので、ちまちま観ました。

謎めいたストーリーや練り込まれた設定、幾重もの意味の掛けてある台詞回し(一人の脚本家が全26話通して書いてるみたいです)は勿論ですが、一番感銘を受けたのは、照れて逃げることをしていないところ。
主人公や敵幹部の決め台詞やポーズ、キーとなる「銀河美少年」なる名詞など、煌びやかなのだけどちょっと笑えてしまう要素が色々あるんですが、作中ではそれを全く笑わない。
キャラの一人に「馬鹿じゃないの」とか突っ込みを入れさせて、冷笑して逃げるのは簡単なんですが、それをしない。真面目に、しかし暑苦しくもなく「青春を謳歌しようぜ」なんて言っちゃう。
作り手さん方のこの姿勢がとてもいいなぁと思いました。

モチーフは「星の王子様」と「魔女っ子メグちゃん」らしい(笑)。

独自の世界観ですが、(同じスタッフが手掛け、類似点のある過去のアニメ)「少女革命ウテナ」ほど強烈な閉じ方はしていないように見えるので、そこも安心な感じ。
「ウテナ」はサントラを買うくらいは好きなアニメでしたが、色々凄かったですよ。

「STAR DRIVER 輝きのタクト」のアニメ・動画視聴ページ(バンダイチャンネル)

【2010/12/15 21:08】 | すわさき・感想
トラックバック(0) |
ジャンプ発売日の昨日、「心配しなくても(コンビニに)いっぱいあったよ」と、兄弟の人がいったので、翌日である今日ためしにコンビニに見に行ったら、見事に一冊もありませんでした。
相変わらず、すごいカード効果だわ。

【2010/12/14 20:19】 | ちゃすか・その他
トラックバック(0) |
>PITAさん

はじめまして。何度も足を運んでくださっているとのことで、有り難くも嬉しいです。
色々派生も出ていますし、感想など読むとアビスシリーズの全体がなんとなく俯瞰できるサイトになっていたらいいなと思って作っています。感想内で細かくリンクを張っていたりするのは、WEBの利点を生かしたデータにしたいから……なんつて。

プレイ日記のラストは書いていないのです。(^_^;)
申し訳ありません。ナマケモノだから……………。あああ。


>私の中では、最後に帰還する彼はアッシュでしかありえないのですが、公式で「どちらが帰ってきたかの解釈はプレイヤーの自由」とされている以上、それぞれメディアごとに結末があるということなのですね。

こんにちは。感想、少しでも楽しんでいただけたのなら嬉しいです。

商業二次の結末が殆どシナリオ上の不正解(ルーク帰還)に終わっている、しかも最後を飾った漫画版が誤解説を盛大にぶちあげたという状況は、自分としてはかなり不満です……。

解釈はご自由にとは言っていても、シナリオ上の正解はちゃんとあると最初から公式発言されていました。自由に考えてというのは「正解はありますよ。そこに気付けるかな? あえて公式から正解そのものを教えたりしないから、色々推理してみてね」という意味を含んでいたんじゃないかと思うんですが…。(だからヒントはチラチラ出されていた)

でも「公式が解釈は自由にと言っているんだから、公式二次でも正解がはっきりわかるように描いてはいけないんだ」と、まるでシナリオ上の正解を語ることこそ悪いみたいに言う意見もチラホラ見かけたりなんかもして。これは奇妙な状況だと思っています。

ルーク帰還(自由な解釈の確定)は同人でやればいいものであって、(商業二次含む)公式物ではシナリオ上の正解を保持してほしいというのが、現在の私の考えです。線引きしてほしい党所属。

漫画版、来月末発売の単行本最終巻は大量ページ修正+2P書き足しだそうですね。
そういえば第一巻の時も、当初ルークを右ききに描いちゃってたので全修正されたんでしたっけ。
でも最近の巻は台詞も放置してたんで、もう修正入れないで出すのだとばかり思っていたので驚きました。
修正70Pほど…。ちょうどラスト三話分くらいか。書き足しはフローリアンの説明かなあ?
果たして大爆発関係の修正をしてくるか、単に普通に絵の手直しをしてるだけか。ちょっと気になりますよね。

------------

ナラカの拍手を下さった方もありがとうございました!
拍手制限のない、奈落に拍手の吸い込まれるような恐ろしい仕様になっています(笑)。

【2010/12/13 06:43】 | テイルズ系の話【レス含】
トラックバック(0) |
「魔導データ館」、魔導大事典を更新、発売順リストに一件追加。
MINAMIさんの「ミルと欲望と闇と…」第1話をアップ。

投稿ありがとうございます。


-----------

へろへろな今日。
FC2メールフォーム、メール送信機能がようやく復活。

それはともかくこのブログの拍手、反映されてないことがちょくちょくあるような気がします。でも確信はないので気のせいかも。

【2010/12/13 01:47】 | はてなどう更新管理
トラックバック(0) |
ブリチ映画を観てきました。
映画館の音響で、主題歌を聴けて大満足でした。また主題歌だけ聴きに行きたいです(おいおい)
この表現はあんまりですねm(_ _)m
楽しかったです。
ヒメの私服がかわいかったですv

上映ぎりぎりに劇場に滑り込んで、映画が終わって周りを見たら、ぼっちゃんが多かったので、普通に人気があるのねぇとある意味感動しました。
見に来るのは、おねーさんが多いのだろうと思い込んでいたからさぁ。

【2010/12/05 19:26】 | ちゃすか・感想
【タグ】 映画の感想  
トラックバック(0) |
3種類発売されているにゅうシングルのベリたん編を買ったのですが、おまけ(?)のレポートは普通に対談をしているものと思い込んでいたら、私にとってはとっても楽しいドラマでした。
ベリたん編しか買わないつもりだったのに、コクトー編も気になるじゃないか!
映画は近いうちに観に行きます。

全国ツアーはどこの地域で応募するか考え中。
地域が微妙だから、微妙。微妙。
県庁所在地だったら、日帰りができるのになぁ。

さてさて、武道館のライブまでひと月を切ってわくわく感が増してきましたわv

【2010/12/03 19:48】 | ちゃすか・その他
トラックバック(0) |