「はてなどう」「ナラカ」「円環伝承」共用。書き手は ちゃすかとすわさきの二人。
>もう八年前から通ってますが新作小説待ってます( ; ; )大好きです

こんばんは。
ありがとうございます。照れ照れです。
新作…書く日が来るかなぁ……。
最近は『ぷよ!!クエ』のデータ更新だけでいっぱいいっぱいかもです。(^_^;)
スポンサーサイト

【2014/12/02 00:01】 | すわさき・魔導小説レス
トラックバック(0) |
>熱き絆!!ですごく笑いました。十年ぶりに訪れたのですが、とても楽しかったです。ありがとうございます!

こんばんは。楽しんでいただけて嬉しいです。
十年ぶり…! 久しぶりのお客様ですね。
またお気の向かれたときに立ち寄っていって下さいませ。

【2014/03/18 23:32】 | すわさき・魔導小説レス
トラックバック(0) |
>「熱き絆!!」や「夏の琥珀」が途中からきれていて(?)最後まで読めませんでした…。下の行の上半分だけちらりとしてます(´・ω・`)

こんばんはー。感想ありがとうございました。m(__)m

接続データを見るに、ケータイでご覧になってますかね?
だとすれば、ケータイの表示容量を超えたために表示されなかったのかもしれません。
パソコンなど、別の機械で見れば読めるかと思います。
あるいは、ページをケータイ用に変換表示してくれる無料WEBサービスを通して読むという方法もあります。
Google Mobile Converter(これはGoogleが行っているサービスです)

表示容量に問題がないならば、読み込みが途中で止まったのかもしれません。
再読み込みを試してみてください。
再読み込みしても表示されない場合は、キャッシュを消去して再読み込みを試してください。

……すみません。実はこのご意見を見て、じゃあ小説コーナーをFC2サーバーに移そうかなと思ったんですが(FC2には、ページをケータイ用に自動変換する機能がデフォルトで付いてるので)、各小説のバックリンクを全て張り直さなければならなくなるので、今回は見送らせていただくことにしました。

気力が沸いたら、そのうち、しれっと引っ越させてるかもしれません。
懲りずに、いつかお気の向かれたときにまた読んでいただけると嬉しいです。

【2013/12/17 02:14】 | すわさき・魔導小説レス
トラックバック(0) |
>こんにちは。『バレンタインフラワーの恐怖!』読みました。

こんばんは。
ありがとうございます!

>なんというBL!しかもキスシーンまであるとは。というかあれって、はてなどうさんの魔導小説だと唯一のキスシーンですか?

今は下げてますが『星に願いを』というノベルゲームにシェゾがインキュバスにチューされる、可哀想な場面がありました(笑)。そんなんばっかですね。

>あとがきの「じゃあ………●●が●●●に●けて、●●が●●●の●になって●●……ってのは?」ってシェゾがもももの何かになるんですね・・・。

「ボクがサタンに負けて、キミがサタンの」
以降は、ショッキングなので言わない方がいいでしょう。
シェゾが泣いて嫌がることですもの。

ではでは。

【2013/08/26 21:34】 | すわさき・魔導小説レス
トラックバック(0) |
こんばんはー。

>『真夏のこおり姫』『四月のバカ騒ぎ』のシェゾがクズすぎるような(汗)
>あそこで普通に心配しても気持ち悪いだけですがw


ギャグだから。
彼はあそこでああ言わなければならないのです。アルルに吹っ飛ばされるためにッ!
体を張って頑張ってくれたシェゾ君に拍手をー!(ひでぇ)

>そういえば『きたるべき』はサタアル好きさんにもシェアル好きさんにも人気ありますね。(サタアル好きさんがシェアル作品として好きと言ってたり)

そうなんですか。
それは初めて知りました。
嬉しいです。

>個人的にはなんであんなに断ってたサタンと結婚したりルルー説得したのか気になってしょうがないのです。

あの小説をアップした当時、シェアル派の読者さん達の多くが、アルルが可哀想だという感想をくださいました。
でも私は違う考えで書いたので、「あのアルルは、シェゾが死んだ後も様々な体験をして、色んな人と出会い別れて、最終的に自分の意思でサタンを選んだんですよ」とレスした記憶があります。

なんであんなに断ってたサタンを選んだのか? ルルーと同時に妃になることを許容できたのか?
16歳の潔癖なアルルならきっと選ばない。
でも、大人になったアルルはそれを受け入れて幸せを見出せるだけの体験をしたんでしょうね。
恋も色々したのかもしれません。
そんなアルルがいる未来が、無数の世界の中にあってもいいんじゃないかと思いました。
なんかそんな感じです。

【2013/08/12 02:37】 | すわさき・魔導小説レス
トラックバック(0) |